1. 転職希望者が履歴書に必ず書いておきたい3つのアピールポイント

転職希望者が履歴書に必ず書いておきたい3つのアピールポイント

by Hiroyuki-H
 転職者が履歴書や職務経歴書の出す時は採用担当者に興味を持ってもらえるかがポイントになります。人事がどんなことに興味を抱くのかをきちんと理解した上で上手にアピールできるかが良い履歴書へのカギです。

1.採用する要件を満たしているかどうか

 履歴書では、経験の有無や実績といったものがわかりにくいとその場でふるいにかけられ落とされる可能性が高くなります。人事担当者の多くは、「採用する要件を満たしているかどうか」をまず基準として見ているのです。従って、採用する要件を満たしているということをわかりやすく簡潔にアピールすることが必要になります。

2.仕事への価値観やスタンス

 仕事に取り組む上での価値観やスタンスもアピールしなければなりません。採用側はどんな人物なのかということも履歴書で見ようとします。「私を雇うことで相乗効果はたくさんありますよ」といったメリットをアピールすることでプラスに作用することも多くあります。

3.転職応募先の企業との接点

 採用担当者が転職者に聞きたいのは「何故ウチの会社で働きたいのか」ということです。理由を明確に見出すのは難しい作業かもしれませんが、はっきりした理由がないまま転職しても、結局同じ問題を転職先でも抱えてしまうことになります。適当なアピールは決して響かないですし、何より自分の転職にもプラスに作用しないものと心得ましょう。


 ここでは、転職希望者が履歴書でアピールしたいポイントを3つ取り上げました。履歴書でアピールするのは、自分の実績や、仕事への考え方、転職希望先との接点です。アピールがはっきりとわかる履歴書を作成するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する