1. 経営者が戦略的な意思決定を行なうために押さえておきたい2つのこと

経営者が戦略的な意思決定を行なうために押さえておきたい2つのこと

by aka Jens Rost
 組織が戦略的な意思決定を下すことによって、様々な事柄が決まり、進んでいくということは、成功への精神的なプレッシャーや、心配や不安もあるでしょう。意思決定は、結果に直接影響しますが、正解がその場では見つからない場合もあります。ここでは、組織が戦略的な意思決定を行うことができるような方法をいくつか取り上げていきます。

1.客観的な視点から考える

 意思決定をする際は、冷静に落ち着いて判断する必要があります。冷静に客観的な視点から物事を考えることで、固定観念にとらわれず、様々な角度から物事を見て考えることができます。主観を中心に意思決定をすると、思い込みが入ってしまったり、先入観が入ってしまって正確な判断を妨げます。客観的な視点から一度選択肢を見ると、良い意思決定が行えるでしょう。

2.前向きに選択肢を捉える

 消去法や、選択肢を削って選ぶ意思決定の仕方ですと、ネガティブな気持ちを持って判断を下すため、モチベーションが高まらず、結果失敗する判断になってしまうということもあります。戦略的な意思決定を行う際に必要なものは、前向きな思考です。モチベーションを高め、前向きな気持ちで行った決定は、決定したことを実行する力にもつながり、良い結果を生む可能性が高まるでしょう。



 戦略的な意思決定を行なうための方法として、なるべく主観でものを選ばず、ポジティブに意思決定をする方法を取り上げました。成功に近づくためには、戦略的に意思決定を行う必要性があるので、ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する