1. 会社として意思決定を下すときにまず考えるべき基本的な優先順位

会社として意思決定を下すときにまず考えるべき基本的な優先順位

by pepsiline
 会社を運営することは、意思決定の連続です。会社が意思決定を下すときは、社員みんなが共有する決断をしなければなりません。社員が何を優先して業務に関わるのかということが、意思決定に繋がっていくのです。ここでは、会社を運営していく中での意思決定の優先順位について紹介していきます。

リスクが少なくて済むものをまず優先する

 会社が意思決定をするのは、会社としての業務や運営の方針を変えるときが多いでしょう。会社を変えるために意思決定を下していくということをまず意識しましょう。意思決定をするときは、会社が変化しますので、必ずリスクが生じます。よい意思決定は、リスクを正確に判断し、上手なリスクマネジメントが行えるような判断を下すことです。リスクを多角的に判断し、リスクが少なくて済む方法や、決断をする意思決定を行うようにしましょう。

会社のビジョンと選択肢を比較して判断する

 意思決定において、確実に押さえていればならないポイントといえるのは、意思決定の判断が、会社のビジョンと本当にマッチしているかということです会社の理念に反する意思決定は、会社としての存在意義を希薄化してしまう恐れがあります。会社が掲げている経営理念を実現するための意思決定を下す必要があるのです。いかなる意思決定も、優先順位のトップにおくのは会社のビジョンと経営理念ということになります。意思決定を下す場合は、まず、会社がどういうビジョンや、理念を掲げているのかを再認識しましょう。



 会社が意思決定をするということは、リスクを伴い、ビジョンや理念を変えるものでもあります。常日頃から、リスクや会社のビジョンを意識して意思決定を行うことが大事なことです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する