1. 担当者宛てに送付する履歴書の送り方

担当者宛てに送付する履歴書の送り方

 今回は、履歴書を企業へ郵送する方法についてご紹介します。送り方の大枠としては、1枚目に送付状・2枚目に履歴書・3枚目に職務経歴書をピンで止め、クリアファイルに入れて封筒に入れ郵送します。

 以下では、それぞれの書類の書き方について説明していきます。

送付状・履歴書・職務経歴書の書き方

 1枚目の送付状は、必ず担当者宛・自分の名前・住所・電話番号を記入します。また、送付状に入っている書類の内容を必ず記入をして「以上」で文章を締めくくりましょう。

 2枚目の履歴書の書き方は、綺麗な字で大きく書くという基本的なことが一番大事です。職歴の内容と業務内容は企業としてはとても重要視しますので、なるべく簡潔に記載し、自分が伝えたい内容は必ず盛り込むようにしましょう。

 最後の職務経歴書ですが、企業はこの職務経歴書をとても重視するので、丁寧に書く必要があります。これは、Excelを使用し入社から退社まで細かくしっかりと記入します。最後にまとめとして、以前の業務内容から自分が活かせる事やこれからやってみたいことを記入し、担当者もしくは企業へ興味を持って頂けるようにしましょう。

郵送封筒の書き方

 履歴書の送り方として一番大切なことは、封筒の記入の仕方です。封筒の記入を丁寧にする事で、担当者への印象は変わってきます。

 封筒の書き方は通常の郵便と変わりませんが、宛先の部分は気を付けなくてはいけません。企業名の後に付ける担当者名ですが、既に分かっている場合はそのまま〇〇様と書けば良く、分かっていなければ「採用ご担当者様」と記載しましょう。

 忘れてはいけないのが、表面に赤字で「履歴書在中」と記載することです。之を書かないと何が入っているのか分からず失礼に当たるので、当然のマナーとして覚えておくようにして下さい。

 些細な事ですが、これらのことは社会人としての最低限出来なくてはいけないことです。以上のことを念頭に置いて、正しく履歴書を送るようにして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する