1. メガネをかけている人が履歴書の写真を綺麗に撮る方法

メガネをかけている人が履歴書の写真を綺麗に撮る方法

 履歴書の重要性は、もはや言うまでもありません。どんなに頑張って試験の勉強をしても、模擬面接で対応力をつけても、履歴書一つで落とされてしまっては意味がありません。そのために、資格取得に力を入れたり、サークル活動などに力を入れたという方も多いのではないでしょうか。

 履歴書の写真においても同様に、少しでも印象よく面接官の目に写りたいと考えるのは自然な事ですよね。メガネをかけている方は反射なども考慮しないといけませんし、他の人にはない悩みもあるものです。どうしたら履歴書の写真を綺麗に見せられるのでしょうか。

反射を防ぐ

 メガネをかけての撮影で一番困ることが反射です。こうなるとせっかく作った表情や姿勢、整えた髪型も意味が無くなってしまいます。写真館でお願いすれば現在の高い修正技術で反射を無くしてもらうことは出来ますが、スピード写真で反射を防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

 まず正面を向いて撮影すると、反射しやすくなってしまう為、少し斜めに構えることで光が逃げて反射を防ぐことが出来ます。しかし、履歴書なので斜めに構えるのは気が引けるという方は反射防止コート付きレンズというものがあるので、それを使えば反射を防ぐ事が出来、メガネの方でも写真を綺麗に見せることが出来るでしょう。

メガネ選びに気をつける

 メガネをかけることで面接が不利になるようなことはありません。面接でメガネを着用する方は、履歴書の写真も同じメガネをかけて撮影しましょう。そこで重要になってくるのが、メガネ選びです。

 流行りのカジュアル過ぎるメガネや、浮いてしまうような目立つメガネは履歴書には向きません。キチンとした印象を与えることとスーツに合っているということを考慮に入れて選びましょう。

姿勢や表情に気をつける

 メガネをかけていると、なんとなく暗いイメージになってしまうという悩みはないでしょうか。そんな人でも、表情や姿勢などに気をつければ、それを大きくカバーすることが出来ます。
 
 写真撮影の際には背筋をのばし、顔が上下左右に傾くことなく真っ直ぐになるようにしましょう。表情は、自然な範囲で目を大きく開き口角をあげます。無表情はいけません。また、ひざに白い紙か布を置くことで顔色のトーンがあがり綺麗に映るそうです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する