1. 【ネクタイの色は大丈夫?】結婚式に着ていく服装のマナー[男性編]

【ネクタイの色は大丈夫?】結婚式に着ていく服装のマナー[男性編]


 社会人になると、上司や同僚の結婚式に参加する機会も増えてくるでしょう。結婚式に参加するにあたって、身だしなみにも最低限のマナーがあります。ここでは、「結婚式場選びNo.1口コミサイト~みんなのウェディング~」の情報を参考に、結婚式に着ていく男性の服装のマナーを紹介していきます。

服装選びの基本は「控えめ」

 結婚式では、主役である新郎新婦より控えめな服装で参加することが求められます。そのため、煌びやかなスーツやシャツを身につけるのは厳禁です。しかしながら、普段の仕事で着ているようなビジネススーツも失礼な印象を与えかねないので、派手すぎず地味すぎないお祝いの席にふさわしい服装を心掛けましょう。一般的には、略礼服で参加する人が多いので、結婚式の服装は略礼服にするのが好ましいでしょう。

ネクタイは「白」か「シルバーグレー」

 男性が結婚式に参列する上で、コーディネートのポイントとなるネクタイの色は「白」か「シルバーグレー」にするのが良いでしょう。黒色のネクタイは柄が入っていたとしても縁起が悪いのでNGです。スーツではなくタキシードの場合は、「黒の蝶タイ」が一般的な服装のマナーとされています。

 カラーのネクタイなどは、一般的に結婚式の2次会向けとされていますので、結婚式では身につけないようにしましょう。知らずに上司や会社の関係者などの結婚式で身につけると、マナーを知らないと感じさせる可能性があり、評価が下がってしまう恐れがあるので注意すべきです。


 以上、結婚式に参加するにあたって、男性が気をつけるべき服装のマナーを紹介してきました。せっかくの結婚式の雰囲気を壊さないためにも、まずは服装から注意を払って参加するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する