1. 書き間違えてしまった履歴書を修正するときに参考にしたい履歴書の書き方

書き間違えてしまった履歴書を修正するときに参考にしたい履歴書の書き方

 履歴書は、面接に向けての第一歩ともいえる大変重要なものだ。いい印象を与えるか与えないかは、その第一歩となる履歴書に大きく左右される。あまりにも気の抜けた履歴書では、履歴書だけで落とされてしまう可能性があるのだ。

 それだけ重要な履歴書を書いている時に、誤字脱字などで履歴書を間違えてしまったというとき、どのように履歴書を修正すると良いのだろうか。今回は、履歴書の内容を修正するときの正しい履歴書の修正の仕方を紹介する。

履歴書の修正が面接を左右する

 履歴書は、面接官があなたを知る第一歩となる。履歴書は選考に繫がる重要な書類であるため、誰でも慎重に履歴書を書いていることだろう。しかし、それでも履歴書を間違えてしまうことはあるのだ。そこで重要なのが修正の仕方である。

 その履歴書の間違いをどう修正しようと悩むところだが、履歴書はあなたの第一印象となるわけなので、履歴書を書き間違ってしまった場合は、新しい履歴書に書き直すことが履歴書を修正する最善策となる。履歴書の書き途中である場合や、時間がある時には迷わずに新しい履歴書に修正しよう。履歴書に不備があればだらしのない印象を履歴書が与えるだろう。乱雑な字や曲がって貼り付けられた写真が貼ってある履歴書でも同じことが言える。汚れた履歴書もまた同様である。これまでしてきた努力や入社への熱意を100%伝えるためにも履歴書で悪い印象を与えないように正しく修正しよう。

履歴書を修正する最終手段!:二重線に訂正印

 履歴書を書き間違えてしまったのに、時間がなくてどうしても履歴書を修正することができないというときは、どのように履歴書を修正すれば良いのだろうか。

 履歴書を修正液で修正したり上に白い紙を貼って履歴書を修正するということは、履歴書を本人が修正したものかどうかの確認が出来ない為、間違ったときの履歴書の正しい修正の仕方とはならない。簡易的な書類での修正に用いられる修正テープや修正液は、きれいに簡単に履歴書を修正できるが、正式な書類である履歴書に修正液などを用いることは修正のやり方として不適切とされている。履歴書で正しく間違いを修正する場合は、二重線を引いたあと、その線に重ねるように訂正印を押そう。その上に、書き直しの文字を書くという方法が時間がない際の履歴書の修正方法の中ではベストといえる。

履歴書の修正を避ける&書き間違えたときに焦らず修正するための2つの対策

 一箇所でも書き間違えると、修正し書き直さなくてはいけない履歴書。上で挙げた修正方法は、あくまで最終修正手段である。

 最後に履歴書の修正を避けるための予防策と、履歴書を書き間違えてしまったときにも焦らずに修正できる対策を1つずつご紹介しよう。

修正を避けるために:鉛筆で薄く履歴書に下書きをしておく

 履歴書の下書きは、跡が残らないように芯の柔らかい鉛筆を用い、薄く書こう。跡が残ってしまうと文字の線が二重になり、読みづらい履歴書になってしまう。修正するときも、丁寧に消しきることがポイントだ。

 そして消すタイミングは、ボールペンのインクが完全に乾いてからにすることがベストだ。インクが乾ききっていないうちに消しゴムで擦ってしまうと文字が滲んでしまい、結局履歴書を修正し直さなくてはいけなくなる。インクが乾くのを待つ時間を確保するためにも、余裕を持って履歴書は作成しよう。

 企業から決まった形式の履歴書が1枚だけ送付されてくるといった場合、間違いは履歴書の致命的だ。必ず下書きをすることを勧める。

修正を避けるために:あらかじめ予備の履歴書を用意しておく

 ただし、どんなに気をつけていてもミスが必ずなくなるとは言えない。万が一間違えてしまったときも「書き直せないから修正するしかない」という最終手段を選ばずに済ませるために、あらかじめ履歴書は予備を用意しておこう。


 面接までには沢山の苦労があると思う。大変な時だと思うが、無事入社できるように一つ一つのことに細かく気を配り、良い結果に繋がるよう健闘を祈る。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する