1. 不備があった履歴書を提出後に訂正したい時の方法

不備があった履歴書を提出後に訂正したい時の方法

提出後の履歴書の訂正

 履歴書は、一番最初の選考手段としてとても大切なものになります。最近では、面接前に履歴書と職務経歴書の提出を依頼され、提出期日までに届いたものから選考していくというのが普通だと思います。

 もし提出後小さな間違いでも見つけた場合は、焦らず速やかに訂正したものを作成し郵送しましょう。ここで気を付けたいのが、郵送前に必ず企業のご担当者様へ一報入れるということです。期日が迫っている場合は受け付けられない場合があるので注意して下さい。

履歴書郵送訂正の仕方

 訂正した履歴書を再提出する場合は、送る前にまず企業へ一報を入れます。そして先方の判断を仰ぐと共に、即日にでも訂正したものが郵送出来るよう、事前に訂正履歴書を作成しておくようにしましょう。

 再提出が認められた場合は、同封書類として履歴書とは別で、「先日、ご連絡致しました履歴書不備の件で訂正した履歴書を再度提出させて頂きます。ご迷惑をおかけして、申し訳ございません。」といった内容の便箋を一枚入れるのが良いでしょう。

履歴書提出後面接当日の訂正

 面接当日に不備が見つかった場合は、面接時に口頭で説明するようにします。企業の担当者に面接前に口頭で伝えてしまうと、かえって迷惑となる事があるので控えるようにして下さい。「提出後履歴書の不備が見つかりまして、口頭で訂正させて頂きたいのですが」などと切り出すようにします。

 本来ならば訂正は許されないものなので、申し訳なさそうに伝えましょう。きちんと誠意をみせるということが大切です。

 履歴書の不備を提出後に見つけたとしても、その後の行動でどうにかなる可能性は十分ありますので諦めないようにして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する