1. 英語の発音を良くする為におすすめの勉強法

英語の発音を良くする為におすすめの勉強法

 英語を話せることによって仕事の幅も広げられますし、なによりも自分の生活にも新たしい刺激や環境を作ることもできます。特に英語は、面接でも使われることが増えてきていて 、日本人には苦手な英語の発音によってもその印象もだいぶ変わってしまいます。

 特に仕事で使う英語では、短時間の中では発音がとても重要なポイントになります。コミュニケーションをスムーズに行なうためにも英語の発音はとても大切ですので、少しでも発音を良くするコツを知っておくと便利になります。ここでは、英語の発音を良くするためのポイントをご紹介します。

基本のアルファベットの発音から練習

 簡単なことのように思えますが、アルファベットのAからZまでをきちんと発音ができない人はとても多いです。単語や文章を発音するときには、やはりこのアルファベット一つずつの正しい発音の練習からが基本です。

 アルファベットには、読み方とは異なる発音の仕方があります。フォニックスと呼ばれるものですが、これは英語圏の子供たちが最初に習うもので、その発音を単語としてつなげるとひとつの言葉として発音が完成します。単語を見ても読み方が分からないときや発音を良くしたいときには、このフォニックスはとても活用できるので、それを使いAからZまでをもう一度復習してみましょう。発音記号を見ても難しい単語はたくさんありますので、このアルファベットの基本の発音法はお勧めです。

日本語にはない発音の練習

 英語にはRという発音があります。学校で習うときに舌を口の中で丸める音、と教わったと思いますが、それは日本人がとても苦手な発音です。しかし、Rが頭についた単語や最後Rで伸ばす単語など、それぞれの発音を覚えることにより効率よく苦手なRの発音も克服することができます。

 とはいえ、Rだけが強調されるものではありませんので、MやNの違いやTHで始まるTHISなど、簡単に思っている単語ほど綺麗に発音ができていないことが良くあります。発音を良くするには、簡単な単語の発音練習をしてみるとよいでしょう。特にアメリカの英語では、続いたときにリンクして発音する単語の種類ものあります。このような要点も抑えておくと綺麗な発音として聞こえます。

発音は耳から覚えていく

 何度も繰り返し英語を聞くことで、正しい発音の勉強になります。そのためには映画や音楽など、英語を集中して聞くことを繰り返してみましょう。一つの文章として出来上がる英語は、1つのフレーズとして音で覚えることもコツです。綺麗な発音を真似をする事が発音をよくする方法として効果的です。

 英語をいかに多く聞くかにより上達の早さも変わりますので、沢山のツールを使って英語を聞いてみましょう。自分の発音は録音して聞いてみると、良い点も悪い点もよく分かるので、仕上げには自分の英語を聞くということもやってみると良いかもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する