1. 英語でもっとコミュニケーションを取りたいと思っている人が参考にしたい勉強法

英語でもっとコミュニケーションを取りたいと思っている人が参考にしたい勉強法

 現代では、仕事でも普段の生活でも英語に触れる機会がどんどん増えています。英語という言語一つで、世界中の人々とコミュニケーションを取ることが可能なので、英会話ができたり英語で文章が書けると自分の人生の幅を広めることもできます。またビジネスにおいても、商談などで自分に有利になることも大いに考えられます。

 それでは、英語で自由にコミュニケーションを取れるようになるにはどのような勉強が必要なのでしょうか。ここでは、英語でコミュニケーションを取るための勉強方法をご紹介します。

とにかく会話がしたい場合の勉強方法

 とにかくネイティブと英語で会話をしたいと思っている人は、まず何よりも英語でコミュニケーションを取る機会を設ける事が必要です。英語を話す環境に自分を置き、英語で話す実践を繰り返すことが最も上達の早い方法であるといえます。

 その際に、事前に自分のインフォメーションを英語で言えるようにしておく事が必要です。初めは英語の単語を読むだけかもしれませんが、繰り返し練習して、その英語を言っている時に次第に感情を含めるようにしていきましょう。俳優や女優になったつもりで、感情を込めてその台詞を言っているような練習が必要です。

 日本語でもそうですが、特に英語では感情のこもらない英語はコミュニケーションにだと相手に気持ちは伝わりません。とにかく英語でコミュニケーションを取りたいと思っている人は、中学で習う程度の英語力は最低限必要なので、中学までの英語に自信のない人は、中学英語を勉強してから英会話の実践に移行すると良いでしょう。

より高度な会話がしたい場合の勉強法

 もっと英語でのコミュニケーション力を上げたい場合は、相手に対する想像力も必要になってきます。自分の意思はなんとか伝えられるものの、相手の言っていることを理解するのが難しいと思っている人はとても多いです。どの言語であっても、円滑なコミュニケーションをするために、相手が何を言いたいのかということを先回りして考える癖をつけるのはよい方法です。

 相手の言いたいことを先回りして想像することができれば、次に自分が返す言葉も早くひらめくことができます。コミュニケーションがうまく行かない時は、相手の言った事に対して返事がなかなか出てこない時です。英語は主語のあとに、動詞や形容詞がなどの結論がすぐに来る言語です。会話文の冒頭で、相手がどんな気持ちやどんな結論を言いたいのかが早い段階で分かる場合があります。英語圏の人は表情に気持ちを入れることも多いので、それらを注意深く意識して自分が次に言うことを用意しましょう。

 コミュニケーションで大切な想像力ですが、自分のことばかり話すのではなく聞き上手になることも大切です。相手に質問をたくさんするのも、コミュニケーションがスムーズに流れるコツです。答えがイエス、ノーではない「what・how・when・where」などを使った質問文を予め言えると、より高度な会話が出来るようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する