1. 面接で行う自己PRの内容が上手くまとまらない人にお勧めの考え方

面接で行う自己PRの内容が上手くまとまらない人にお勧めの考え方

by Ian Sane
 面接の際に面接官から質問されることとして多いのが、自己PRです。自己PRはアピールをする絶好のチャンスですが、なかなか思うように考え付かないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、自己PRがまとまらない方はどのようにして内容を考えていけば良いのか記述致します。

自分が入社することで相手が得るメリットを考える

 自己PRの基本として、入社すると会社にこんな恩恵がある、もしくは利益が出ると言うことをアピールすることが挙げられます。特に転職活動中の方は、以前の会社で行ってきたことをベースにして、どのような利益をもたらすことができるのかを言うような自己PRをしましょう。そのためには、自分がどのような利益を出すことができるのかを考えてみるようにすると、自己PRを書くことができるのではないでしょうか。

新聞を参考にする

 情報を得る手段として新聞があります。実は、新聞にも自己PRのヒントが含まれています。新聞では会社によってこのように考え方が違うということを示し、アピール合戦をしています。皆様も新聞を参考にしてみましょう。例えば最初のページにはトップニュースが掲載されています。自己PRで言えば冒頭の部分に当たります。1番伝えたいことを短い文章でまとめ上げて目立たせています。自己PRも同じで最初の部分を短くまとめ上げる必要があるでしょう。新聞から学ぶことは多いはずですので、一度は参考にしてみましょう。


 ここでは、面接の自己PRの内容の考え方について紹介しました。新聞のように自分の言いたいこと、アピールポイントを端的に言うような自己PRを考え、面接で伝えるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する