1. 転職の面接で相手にインパクトを与える自己PRをするための3つの方法

転職の面接で相手にインパクトを与える自己PRをするための3つの方法

by Rodrigo_Soldon
 転職活動で避けて通れないのが面接です。面接の中で自己PRは必ず聞かれる質問です。ありきたりな自己PRでは自分の個性が埋もれてしまいかねません。特に転職の場合は、以前の業務であなたがどんな活躍をしてきたのか相手は期待をしています。ここでは、自己PRでインパクトを与えるいくつかの方法を説明します。

1.自己PRでは第一印象が勝負

 自己PRは面接をする部屋に入室して最初に行うことが多いです。面接という短い時間では第一印象が勝負になります。よい第一印象を与えるために必要なのは、アイコンタクトとお辞儀です。部屋に入室した時はまず面接官の目をしっかりみます。椅子の横まできたら、「よろしくお願いします。」と言い切ってから、胸を折りたたむようにお辞儀をします。そして、自己PRを切りだすようにするとインパクトが与えられます。

2.普段よりもゆっくり喋る

 自己PRをするときは、普段よりも1.5倍ゆっくり話すイメージで話してみましょう。面接時は緊張でどうも早口になりがちです。面接官に落ち着きのない人であるという印象を与えてしまいます。喋る時は普段よりも1.5倍ゆっくりを意識して下さい。そして声の高さは普段よりも2割り増し高く喋ると相手も聞き取り易いといいます。インパクトを与えるためには、話し方で、自己PRに自信と説得力を持たせることも重要なのです。

3.結論を先に述べる

 自分の経歴から始まり、経験、業績を一通り話した後に、つまり私は◯◯な人間です。と述べるよりも、私は◯◯な人間です。なぜならば…と述べた方が相手に自分の印象を残しやすいです。これには、結論を先に提示することで話をわかりやすくする効果もありますが、倒置法で、インパクトを相手に与える効果も得られると期待されます。



 いかがでしたでしょうか?面接の中でも自己PRに使える時間は限られています。少ない時間の中で、是非相手に良いインパクトを与えられるような自己PRをしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する