1. 面接で魅力的な自己紹介をするために覚えておきたいポイント

面接で魅力的な自己紹介をするために覚えておきたいポイント

 面接において、魅力的な志望動機とはどのようなものでしょうか。会社側からみて、この人材に来て欲しいと思えるようなものが魅力的な志望動機となりますが、それを言うためには、会社にとって必要な人材というものがどのようなものかを把握しておく必要があります。

 そして自分がそれにいかにマッチするかを志望動機を述べる中で伝えることが大切です。ここでは、そんな志望動機に組み込むべき要素についてご紹介していきます。

この会社を選んだ理由を述べる

 まず志望動機として大切なことは、当然ながら「なぜこの会社を選んだのか」ということです。その会社の経営方針や業務内容、環境など自分が魅力的に思えたことを伝えることが必要です。

 1つのテクニックとして、他の企業と比較しつつその企業の良い部分を際立たせながら話すというのも効果的なアピール方法と言えます。

自分の強みをアピールする

 実はこれが一番大切なことです。なぜなら、面接において最も重視するのはその人材の能力だからです。もちろん、その能力がすぐに他の会社に向けられるようなことがあっては困るので、前段階としてこの会社を選んだ理由とそこで働きたい熱意を伝えました。今度は、それをいかにして実行できるのかという根拠を述べる番です。

 転職する人であれば、これまでの経験からどのようなことを成してきたのか、そこでどんな能力を発揮してきたのかなどを語れますが、新卒者であればそうはいきません。しかし、これまでの人生の中での経験を語ることは出来ます。たとえば部活などでリーダーシップを発揮してきた、サークルで培ったサービス精神や集中力・根気といったものもアピールポイントになります。

 魅力的な志望動機を伝えるポイントは会社の魅力、そこで自分が働きたいという熱意、そしてそれを成し遂げられる根拠などに大別できます。それらをしっかりと頭に入れて、面接に臨むようにして下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する