1. プレゼン中に画面をズームすることによって得られるメリット

プレゼン中に画面をズームすることによって得られるメリット

by Eddi 07- Free Stock
 プレゼンのテクニックとして、スライドをズームして拡大した形で見せるというものがあります。スライドをズームして見せるメリットとはどのようなものがあるのでしょうか?ここでは、スライドをズームして見せることで得られるメリットを紹介したいと思います。

図や表に注目させることができる

 図や表をスライドに掲載すると、どうしても文字が小さくなってしまい、見難くなってしまいます。場合によっては手元の資料で図や表を確認してもらうけーすもありますが、それですと、発表に集中させることができません。スライドをズームするメリットとしては、プレゼンに載っている図や表に集中させることができるということです。話の途中で自然にズームできれば、観衆の目線を動かさずに済み、話に集中してもらえます。

話の緩急の付加やワードの強調も可能

 スライドを拡大することのもう1つのメリットとしては、話に緩急をつけることができることと、ワードが強調できることが挙げられるでしょう。話が平坦ですと、観客も退屈してしまいますし、なかなか伝えたいことも伝わりません。ズームでスライドに変化を与えることで、飽きないプレゼンができます。また、強調したいところでズームすることで、本当に強調したい部分が際立ち、本題がわかりやすくなるでしょう。


 ここでは、プレゼン中に画面をズームすることによって得られるメリットを紹介しました。ズームによって得られるメリットはたくさんありますので、利用してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する