1. 企業がソーシャルメディアを活用して得られる3つのメリット

企業がソーシャルメディアを活用して得られる3つのメリット

 企業内のちょっとしたネタや面白い話などがつぶやかれているTwitterを始め、公式ホームページだけでは拾えない最新情報が常に更新されるFacebookなど、最近では企業が積極的にソーシャルメディアを活用するようになりました。元々、個人と個人がつながるサービスとしてソーシャルメディアが利用されていましたが、企業が活用するにあたりどのようなメリットがあるのでしょうか。

1. ソーシャルメディアで未開拓の顧客と繋がる

 企業が宣伝をするために利用する広告媒体といえば、テレビ、ラジオ、雑誌、新聞などが主であり、その媒体の先に多くの顧客が存在しています。しかしインターネットが普及した現在、これらの媒体に加えてインターネットを一つのメディアとして利用する変化が起こり、特にソーシャルメディア上に存在する潜在的な顧客層が注目され始めました。ソーシャルメディアを活用することによって、従来なら企業がアプローチできなかった層にも情報を伝えることができます。新しい顧客の発掘に繋がるのがソーシャルメディアの大きなメリットでしょう。

2. コストをかけずに情報を広めることができる

 企業のアピールや新商品の宣伝など、雑誌の広告1ページに掲載するだけでも莫大な費用がかかります。しかし、ソーシャルメディアはほとんど費用をかけずに企業の情報を広く周知させることが可能です。しかもソーシャルメディア上にいる顧客が良いと思えば、そこからその友人・知人に情報がシェアされどんどん拡散されていくのもソーシャルメディアならではのメリットです。

 手軽に利用でき広い範囲に情報を拡散できるので、良いと思った顧客からの反応も期待できます。不特定多数にばらまく高い広告よりも、ターゲットに沿った顧客を見つけやすいのがソーシャルメディアの特徴でもあります。

3. もっと身近になる企業と顧客の距離

 ソーシャルメディアから発信された情報に対して興味を持つ顧客からの生の声が届きやすくなります。顧客にとっても最新情報が公開されることで、企業により興味を持つ心理が働きますし、意見や感想を述べる機会を利用しやすくなります。企業と顧客が身近になれればなるほど、親近感や信頼感、安心感は増すものです。

 個人と個人が密につながっているソーシャルメディアだからこそ、その関係性を企業と顧客へとシフトできれば、企業に対しての信用度やイメージアップができます。個人間の信頼が一番厚いものですから、その繋がりで「良い」と言われれば、「良いもの」として情報は信頼度を増して広がっていきます。


 今後もソーシャルメディアを利用する人口は増えていくことが予想されるので、積極的にソーシャルメディアを活用していくことをおすすめします。ソーシャルメディアから得られる多くのメリットを活かすことは、ビジネスを成功に導く一つの戦略になるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する