1. ソーシャルメディアで広告を出すことのメリットと注意点

ソーシャルメディアで広告を出すことのメリットと注意点

 現在、ソーシャルメディアをビジネスに取り入れる活動がどんどん増えてきています。そのツールとしては、Twitter・mixi・Facebookなど様々です。ビジネスで成功を収めたいのであれば、これらをうまく活用していくことも要素の1つとなります。

ソーシャルメディア広告のメリット

 一番のポイントは、うまくいけば情報が何もしなくても広がっていくということです。新聞の挟み込みやポスティング、DMなどは企業が一個人に対して送るだけでそれ以上の拡散は期待できません。

 しかしソーシャルメディアの場合は、その受け取った個人が自分の関係の中で広げてくれます。そういった繋がりを利用できるというのは大きなメリットでしょう。友達からのおすすめ情報は信頼しやすくなるということもあります。こうした広がりは、商品が口コミ情報でヒットするパターンと同じなのです。

 そして、SNSを活用することの大きなメリットはコストパフォーマンスの良さではないでしょうか。雑誌や折込は不特定多数の人に情報を送ることができますが、それ以上に広告費が莫大になってしまいます。

広告を出す前に注意しておくべきこと

 情報を発信する人、つまり口コミの元になってくれる人というのはビジネス上の繋がりがない人なので、企業にメリットのあることだけを伝えるとは限りません。それ以上に、不祥事やミスがあった場合のほうが広めてほしい広告よりも何倍もの速さで広がってしまうものなのです。

 ユーモアを提供したつもりが、本来とは関係ないところで批判を受けて炎上してしまう可能性もあるのです。そういったことを考慮してリスクを徹底して減らし、積極的にソーシャルメディアを利用していけば、大きく効率化を図ることができると思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する