1. 面接で相手に好印象を持ってもらえる表情の作り方と心構え

面接で相手に好印象を持ってもらえる表情の作り方と心構え

by Kanko*
 人は見た目から9割の情報を得ていると言われています。表情によっては印象が大きく変わってしまうこともあるでしょう。話している内容よりも、話しているときの表情の方が人に与える印象を大きく左右するといわれています。では、大事な面接で好印象をうける表情を作るにはどうしたら良いのでしょうか。

気持ちがそのまま表情に現れることを意識する

 人は、知らず知らずの内に自分の思っていることや、感じている事が表にでてしまうものです。緊張するとソワソワしてしまったり、気まずいと目を逸らしてしまったり、内面と外面は連携しているのです。

 表情を作る上で重要になってくるのが、自分の気持ちです。自分の気持ちが、その会社に対して前向きであるなら、何を聞かれても堂々と応える事ができ、表情もそれにともなって意欲的になるのです。本当に自分はこの会社に入りたいのか、この会社で何が出来るのか、自分のしてきた経験の何が活かせるのかを自問自答しながら、自分の意思がためをしていきましょう。自然と面接への意欲がわき、明るい表情が面接で出て好印象になるでしょう。

無表情やしかめっ面は印象が悪い

 面接は自分の意志を伝える大事な場所です。真剣な表情で応えるシーンも多いでしょう。真剣な表情とは、視線を真っ直ぐ面接官に向け、口を結び、余計な部分に力を込めないようにします。しかし、真剣な余り、しかめっ面や無表情になってしまう方も多いのです。

 自分の答え辛い質問や、難しい質問をされた時こそ気をつけなければいけません。眉間にシワをよせて答えたり、目を泳がせてしまっては、それだけで頼りない印象や、悪い印象を与えてしまいます。

1番印象が良い表情は笑顔

 いつでも笑顔でいる余裕があれば、印象も大分良いものになります。口角をあげ、目をしっかりと開いている状態で笑顔を作りましょう。笑顔でいることで、難問に直面した時にも、挫けずに頑張る人だという印象を与える事ができます。



 面接で印象を良く持たれるためには、やはり表情が重要になってきます。笑顔でいることで、印象の良いイメージを持ってもらい、面接を有利に進められるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する