1. 面接で簡潔な自己PRをするための内容のまとめ方

面接で簡潔な自己PRをするための内容のまとめ方

 面接には自己PRが付きものです。特に自己PRは具体性がより大きく求められるので、簡潔に且つ明確にまとめておく必要があります。ではどのようなまとめ方をすれば面接官に伝わりやすい自己PRになるのでしょうか。

結論のあとにその理由を付け加える

 自己PR以外にも使える手段ですが、話す相手へ分かりやすく説明するには、先に結論を述べてからその結論に至った理由を説明するのがおすすめです。例えばその人の売りが忍耐力だとして、なぜ忍耐力が売りなのかをその後に付け加えて話すようにすると良いでしょう。また理由を述べる際には経験談を入れておくと信憑性が増します。

フローチャートから内容を導き出す

 ここでおすすめしたいのが、フローチャートから自己PRと思える所を発見するということです。例えば大学生時代から始めるのであれば、真ん中に大学生と記入して丸で囲みましょう。次にそこから膨らむ話、サークルやアルバイト、またはボランティアや旅行等何でもいいです。こんな事で本当に自己PRをまとめ上げる事ができるのかと疑問抱く人が多いかと思います。ですが、このフローチャートは自身で永遠と考えているよりも連想して書いていけばいいので早ければ20分以内には自己PRの核にできる部分を発見することが出来ます。自己PRのまとめ方に迷っている人は是非試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する