1. ビジネス英語でよく使う英単語とその覚え方

ビジネス英語でよく使う英単語とその覚え方

by Яick Harris
 「ビジネス英語を身につけたい」もしくは、「仕事で必要なため身につけなければならない」という人は多いと思います。ビジネス英語習得のカギとなるのは、「英単語数」です。日常会話でも、ビジネス英語でも、英語の「基礎」というのは全て同じです。その基礎というのは、私たちが中学・高校で学んできた英語の授業で身に付いています。

 そこに、あなたがどれだけ英単語数を増やせるかにより、あなたの英語力は伸びていくのです。ビジネス英語が必要であれば、ビジネス英語に必要な英単語を覚えていくことでボキャブラリーは増えていきます。そこで今回は、ビジネス英語でよく使う英単語とその覚え方をご紹介していきたいと思います。

ビジネス英語でよく使う英単語

 まず、ビジネス英語でよく使われる英単語というのはどこにたくさんあるでしょうか?そのヒントはニュースの中にあります。例えば貿易会社でしたら貿易関係のニュースの中に普段多用されている英単語がありますよね。ファッション業界であればエンタメ系・ファッション関係のニュースの中に、ビジネス全般で使われる単語は経済ニュースの中によく出てきます。そこで、ビジネス英単語のボキャブラリーを増やしたい場合は、英語のニュースサイトを教材にしてしまえば良いのです。

英語のニュースサイトを教材にして英単語を覚えていく

 まずは英語のニュースサイトを毎日読んでみましょう。経済ニュースを中心に、自分の仕事の分野に関係するニュースを読んでいくのです。一文ずつ日本語に訳していては気が遠くなってしまいますので、流し読みで構いません。初めは内容が分からなくてもかまわないのです。流し読みをしていて、「この単語よく出てくるな。」という単語から先に調べていくのです。よく出てくる単語と言うのは、普段からよく使われている単語です。よく使われる単語から覚えてくと、耳にすることも多いため、忘れにくいのです。

 このように、よく目にする単語からどんどん習得していくことで、ニュースの内容もどんどんわかるようになってきますし、よく出てくる単語は実践のビジネスの場でもすぐに使える単語ということになりますので、覚えた単語を使う機会も多いため、非常に効率よく、短期間でどんどんあなたの中の英単語のボキャブラリーが増えていくのです。

まとめ

 上記のように、「ビジネスシーンにおいて多用されている英単語から先に習得していく」と言う方法は非常に効率が良いのです。ビジネス関係のニュースでよく見る単語=聞く機会も多い単語=自分がビジネスシーンで使える機会も多い単語、ということなのです。ビジネス英語の教材などでは、仕事の分野別の英単語が掲載されていることはあまりありません。

 自分の仕事の分野に関係するニュースを見るというのは、自分のビジネス分野の最新の世界の情報を得ることができながら、すぐに使える英単語からどんどん覚えていける、という究極のメリットがあるのです。ビジネス英単語のボキャブラリーを増やしたい皆さんは是非、「英語のニュースサイトを使った英単語習得法」を試してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する