1. ビジネスシーンで英語を使って会話が出来るようになる学習法

ビジネスシーンで英語を使って会話が出来るようになる学習法


 ビジネスシーンにおいて求められる英語力というのは、英語での挨拶・会話・交渉・メールのやりとり・電話・プレゼン、など非常にレベルの高い英語力が求められます。さらに会話においては、日本語で話をするのと同等な会話の早さと内容の正確さが求められます。この、ビジネスシーンでの英語での会話力というのはどのように磨いていけば良いのでしょうか?ここでは、『ビジネスシーンで英語で会話が出来るようになる学習法』をお伝えしていきたいと思います。

ビジネスシーンで英語で会話が出来るようになる学習法

 ビジネスシーンで使える英会話を習得するためにはとにかくシュミレーションを重ねていくことが大切です。シュミレーションで実際の場面と同じように練習し、すぐに実践できるビジネス英会話を習得していくのです。そこで、シュミレーション学習に使える無料サイトを使い、英語を習得していきましょう。

アルクのHP

 アルクのHPでは、来客対応・電話・会議・交渉、などそれぞれのビジネスシーン別に会話の例文集が音声付きで紹介されています。これをとにかく同じように声に出しながら、そのシーンを想像しながらシュミレーションしていくのです。シュミレーションを繰り返すことでしっかりと身に付いたその英会話は、実際の場面でもすぐに口をついて出てくるようになります。

YouTube

 YouTubeはビジネス英会話の習得にも役立ちます。「ビジネス英会話」「ビジネス英語」などとキーワードを入れて、使えそうな動画を片っ端から真似ていくのです。すぐに実践できることを必要とするビジネス英会話は、話した量に比例して磨かれていきます。そのシーンを常に思い描いてシュミレーションしながら、とにかく同じように真似をして話していきましょう。さらに、スティーブ・ジョブズなどの有名なプレゼンや、ビジネスパーソンの英語インタビューなども同じように真似していくだけで、ビジネスシーンで使える会話力はどんどん飛躍していきます。

まとめ

 ビジネスシーンですぐに実践できる英会話習得の一番の近道は、とにかくその場面を頭の中でシュミレーションしながらお手本を真似して一緒に話していくことなのです。すると、その言葉と頭の中でのシーンが重なりながら身に付いていくため、実際に英会話を必要とするビジネスシーンの場に立ってもあなたの中から自然と必要な英会話が出てくるようになるのです。ビジネス英会話を今すぐ習得したいと言う方は、ぜひ試してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する