1. 英語を習得することで得られるビジネスシーンにおけるメリット

英語を習得することで得られるビジネスシーンにおけるメリット

 英語を習得することは、ビジネスにおいて何がメリットとなるのでしょうか。グローバル化が進むにつれて日本での英語環境も進化してきたとはいえ、英語を習得している人材はまだ貴重な存在なのです。では、それを具体的に説明していきます。

海外市場を開拓できる

 企業に英語が使えるビジネスマンがいれば、日本国内の既存・潜在顧客だけを相手にしていたマーケットから、潜在顧客が世界中のマーケット爆発的に広げられるというメリットがあります。

 実際の潜在購買層はもっと狭いですが、誤解を恐れずにざっくり言ってしまえば1億3000万人という日本人から70億近い世界の人々へアクセスできる可能性があると言えるのです。

仕事の選択肢が増える

 英語を習得していると、社内で海外市場の視察や海外出張など、今までできなかった仕事を任される機会が増える可能性があります。そこで英語力を駆使すれば貢献度と共にキャリアアップが期待できます。

 また、英語のスキルを入社の条件に掲げる企業も増えています。英語ができれば、翻訳家や通訳家としての全く別の道を開くことも可能になり、自分で起業する際にも最初から世界を見据えたスケールの大きな事業展開を検討できます。業態や環境にももちろんよりますが、世界がどんどん繋がっていく傾向にある現代社会においては、英語を習得することは大きなメリットとなることは間違いないでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する