1. 社内SNSを導入したときに注意しておくべき問題点とその対処法

社内SNSを導入したときに注意しておくべき問題点とその対処法


 「コミュニケーションを円滑にする」「情報の共有を効率化させる」などの目的で社内SNSを導入する企業が増えています。しかし、成功する企業もあれば逆効果になってしまったケースもあるようです。では、社内SNSにおける問題点とその対処法とは一体どのようなものなのでしょうか。

不要情報の氾濫

 SNSは、自分の意見が言いやすくなる場です。情報の共有」という目的が第一にくる一方で、その情報の質を維持できずに不要な情報で溢れてしまうケースがどうやら多いようです。明確なルールがない状態で導入するとこういったリスクもあるのです。

秩序の乱れ

 基本的に社内SNSではいくつかのコミュニティが作られることになります。そこで、コミュニティごとに情報共有と会話が行われます。しかし、そういった特定の集まりが形成され、発言のハードルが下がることで、誹謗中傷などが膨れ上がっていくこともあります。

導入を成功させるために必要なこと

 社内SNSの導入を成功させる秘訣は、導入前にどのような事前準備をするかにあります。まず、コミュニティ数・種類の管理を行いましょう。全ての社員にコミュニティ作成の権限を与えると、上記したような問題が怒りやすくなります。次に、単なるコミュニケーションだけで終わらせない工夫が必要です。秩序を維持するためには、ノウハウを蓄積させる、業務外での情報共有などの特定の目的をはっきりさせた状態で導入すれば、対話やメールだけで終わっていた点がネット上に蓄積され、仕事効率は格段にアップするでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する