1. 面接の時に意識しておきたい「受け答えの仕方」2つのポイント

面接の時に意識しておきたい「受け答えの仕方」2つのポイント

 就職活動や転職活動中の人が、つまずいてしまいがちなのが面接です。多くの人は面接で良い印象を得るために話の構成を綿密に考えますが、面接において印象を左右するのは、話す内容以上に受け答えの仕方です。ではどのような点に気をつけて面接に臨めばいいのでしょうか。

質問の意図に沿った回答を

 緊張のせいか、質問されていることと180度異なる受け答えをしてしまう場合があります。そのような受け答えをしてしまうと、仕事をしていても認識のズレが生じる可能性が高くなるため「この人に仕事を任せて本当に大丈夫か?」と思われてしまいがちです。まずは、上手く答えようとするのではなく、質問の意図に沿った答えを簡潔に言えるよう意識しましょう。

受け答えの際に余計な事を話さないようにする

 面接官はたいてい、堅苦しい質問ばかりしないことを心がけています。しかし、そこで気を緩めるのではなく、程よい緊張感は持っておくべきです。日常的な会話を求められた場合でも、慎重に発言することを忘れないでください。そういった時に限って、余計な発言をしてしまい評価を落としてしまいます。過度な緊張は良くありませんが、適度な緊張感持っておけば余計な発言をせずに済むでしょう。

まとめ

 面接において、話の構成が完璧で分かり易くても、それが聞かれていないことであれば意味のないものとなってしまいます。せっかくの知識や能力を無駄にしないためにも、「面接官が何を知りたがっているのか?」をしっかり意識して見当違いの答えを言ってしまわないよう注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する