1. ビジネスにおいて目的を達成するための英語の学習方法

ビジネスにおいて目的を達成するための英語の学習方法

 ビジネスの世界は今やグローバル化、国際化しています。どのような分野でも何らかの係わりがあります。そのような環境にあるので、いつ、どこで英語を必要とされるか分かりません。また、国際的にビジネススキルを向上させたい為に情報を収集しようとした時、英語圏の国と関わりを持つことはかなり多いです。それでは、いくつかの場面で英語学習が必要となる目的を見てみましょう。

国際化したビジネスへの対応する目的

 まず、外国からの取引があって提出された文書あるいは書類を読む必要があります。また、返答を出す時には英文を書く必要があります。英語を担当するセクションがあって、そのセクションで英語は対応するというケースもあります。しかし残念なことに英文化の対応はできても技術としてのスペシャリストではありませんので、英文にわずかな誤差が出る場合があります。そのようなリスクを回避するため、担当の分野を意識しながら英語を学習するのが良いでしょう。相手は、英語ができる人という前提で取引を行うので、そこで引け目を感じるような状態では良い交渉はできないでしょう。

インターネット上で必要な英語力

 取引の他にも、外国製品の詳細や海外企業のホームページなどをチェックしたいときにも英語力が必要です。しかし、インターネット上において英文を理解することに関してはそれほど高いスキルは要らないでしょう。調べる余裕もあり、多少間違った訳し方をしていてもだいたいの意味が読み取れればいいからです。人との直接取引でない点を担当する場合は、とにかく基礎的な英語力を身につけることが重要です。そこで、なかなか目にしないような単語や熟語が出てきたときに英語力などに頼ればよいのです。

まとめ

 このように、英語を使う場面はビジネスシーンを中心に増えていっているので覚えて是非効率良い勉強法をマスターし、英語力を高めてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する