1. 転職の面接の日程変更を行う時に失礼のない連絡の仕方

転職の面接の日程変更を行う時に失礼のない連絡の仕方

 仕事関係のアポを入れていたものの、急に都合が悪くなり予定をずらしてもらうための電話をしたことがある人はいるでしょうか。面接の場合も同じで、都合が悪くなってしまったら、予定を再度組んでもらうために改めて連絡を入れる必要があります。

 その際に気を付けなれければいけないのが、その連絡方法です。連絡方法によっては相手を不快にさせてしまうこともあるので注意が必要です。今回は転職希望者のケースに注目し、どのように面接の日程変更の連絡を入れれば良いのかということを説明していきます。

周りにひとがいなく、雑音が無い所で連絡をする

 先方に連絡を入れる際は、必ず周りの環境に気をつかってください。周りに雑音が多いと担当者や自身が聞き取れなかったり、もしかしたら他の方々に聞かれてしまう可能性があるためです。特に周りに雑音が多かったり、その場所の電波が悪いと、通話が上手くいかずに正確な意思疎通が図れないことがあります。こちら側のせいなのであれば、そのようなことをしてしまうと相手に不快な思いをさせてしまうので要注意です。
 
 個室があれば良いのですが、見つからない場合はどこかのトイレを借りて連絡をとるようにしましょう。トイレであれば完全に個室であり何より雑音が入ってこない所が良い点です。また電波も途切れる可能性は低いので、緊急で担当者に連絡をする場合は活用してみましょう。

代替日程を提示する

 転職を担当されている人事の人にとっては、日程通りに転職者を選別してどの方を採用するかと言うスケジュールを既に決めています。そんな中で急に日程変更の電話がかかってくるとスケジュールを1から組み立て直さなければなりません。

 先方がそのような忙しい状況にあるということをしっかりと理解して、相手に申し訳なさそうに連絡するようにしてください。また、その際に代理の日程を用意しておき提示するとスムーズにリスケジュールが出来ます。いくつか候補を用意しておいてその場で代わりの日程を入れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する