1. 社内SNSを使うメリットとその活用方法

社内SNSを使うメリットとその活用方法

 社内で、各々が現在どのような仕事をしているか、困っているかなどが簡単に確認できれば、仕事効率は大きく上がります。そこで是非活用してもらいたいのが社内SNSです。では、社内SNSの基礎的な活用方法とはどのようなものなのでしょうか。

互いの状況を確認する

 互いに仕事の状況を把握することは思った以上に時間や労力を必要とします。特に全く別分野の仕事をしている場合には、仕事進捗状況などは掴みにくいものです。それを社内SNSを活用する事で、随時仕事の情報が入ってくるので、部下の仕事の状況を把握する事が出来ます。この社内SNSはオフィス内にいる人だけでなく、社外にいる人の管理も同時に行うができます。スケジュールを随時把握しておく事により、緊急事態が発生した際や急用が出来た場合にも迅速に適切な対処をする事が可能になります。これにより多くの社員を抱えている場合にもスケジュール管理も非常にしやすくなるので、しっかりと管理する事ができるのです。

臨機応変な対応が可能

 社内SNSを活用する事によってタイムラインで社員の状況を知ることができます。同じ部署内でも仕事が一段落した人や忙しい人など状態によって違いがあります。それを社内SNSでは各個人が現在行っている仕事把握することが出来るので、進捗状況に応じて手伝ったりする事が可能になるのです。

 従来ならば会議などに出席した時に、それを皆と共有する為には書面で渡す必要がありましたが、社内SNSに載せるだけでいいので簡単に共有することができます。

上下関係や部署を越えたコミュニケーション

 企業の情報発信は多くは上司から部下です。しかし社内SNSでは上司から部下のみだけではなく、社員から上司、というのも気軽に出来るようになり、提案などがしやすくなります。誰かに直接言うのではなく、発信という形に出来るのでハードルが低くなるのです。さらに部署内だけでなく全社員と繋がっていれば部署を超えた社内コミュニケーションが行えるので、情報を共有する際の効率が大きく上がるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する