1. 【転職者が面接で気を付けたいこと】自己紹介の終わり方で気をつけるべき3つのポイント

【転職者が面接で気を付けたいこと】自己紹介の終わり方で気をつけるべき3つのポイント

by PhoTones_TAKUMA
 貴方は転職の面接の時どのような自己紹介をしますか?この質問に対しては、皆さん事前にある程度言う事を考えてきています。普通の自己紹介では他の応募者と差がつけられず、自分の印象を面接官に残しにくいでしょう。そこで、「自己紹介の終わり方」を少し工夫しましょう。これをするだけで、グンと印象が強くなり面接官の記憶にも残りやすい自己紹介をすることができるのではないでしょうか。

1.しっかり相手の目を見る

 自己紹介を終える時にはしっかり相手の目をみて終わりましょう。最後に「どうぞよろしくお願いします。」という時は、しっかり相手の目を見て終わるようにして下さい。これだけでも随分印象がよい終わり方をすることができます。

2.会社との共通点を締めにもってくる

 自分の経歴を淡々と話しただけでは、面接官もどこが要点だったのかわからないでしょう。「これまでの業務を通して得た経験を今後は御社で活かしたいと思っております」というように、自分の業務経験があなたの会社の業務にも必ず役に立つということを示すと相手も「なるほど、だからこの人はうちの会社に応募して来たのだな」と納得しやすくなります。

3.自己紹介の終わりを明確に示す

 締めの言葉をつけるのも、自己紹介では重要です。話をして、いきなり終わったのでは、面接官は自己紹介が終わったのかが分からないでしょう。自分の中では言うことを言い終えたつもりだけではいけません。面接官の方に自己紹介はここで終わりですよ、という意思を伝える為にも自己紹介には締めの言葉を用意しましょう。「本日は面接のお時間を頂き誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願い致します」というような挨拶を最後に盛り込むと、面接官も自己紹介が終わった事が分かりますし、マナーや気遣いも感じさせる事ができて良い自己紹介をすることが出来ます。


 
 いかがでしたでしょうか?是非上で挙げたような自己紹介の終わり方の方法をうまく活用し、他の人とは一味違う自己紹介の終わり方で面接を成功させるように頑張りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する