1. 英語の構文を効率よく覚えるための3つの方法

英語の構文を効率よく覚えるための3つの方法

by Juan Lauriente
 英語の学習の中で、構文を覚えるのが苦手だと言う人は多いのではないでしょうか。構文は、様々な文法を使っていると思いがちですが、基本は主語と動詞から成り立っています。ここでは、英語の構文の覚え方についてお伝えしていきたいと思います。

1.文章をまるごと覚えきってしまう

 日本語と英語では語順が違います。そのため、日本語に訳して英語の構文を理解しようとしても、一向に構文の組み立て方、法則を覚えることはできないと考えられます。参考書に記載されている構文の例文をそのまま丸暗記して覚えることが、構文を身につけるには良い方法の1つだと言えるでしょう。暗記することで、内容と成り立ちをしっかり把握することができます。

2.英語の本や物語にチャレンジしてみる

 構文を勉強するには、問題集を何度も解くことが一般的に多いのではないでしょうか?しかし、構文の参考書で学習しようとしてもなかなかモチベーションが上がりませんし、向上した実感も得られません。英語の本や物語文にチャレンジして読み解いていくという方法をとれば、自分の好きな本で取り組むことができますし、構文も自然と学ぶことができるのではないでしょうか。

3.長文を何度も読む

 構文は長文を読解するために必要なものです。長文を読み込むことで、構文の法則など、訳さず目からそのまま取り入れることができるのではないでしょうか。繰り返し同じ文を読み込むということが重要なポイントです。目から取り入れるものは、記憶の片隅に必ず残っているものです。それを意識して、長文を全て暗記するつもりで読み込みましょう。



 以上の3点を重点的に勉強することにより、英語の構文も少しずつ身に付いていくでしょう。何でも繰り返すこと、チャレンジしてみることが、覚え方の重要ポイントです。構文は難しいと考える前に、まずはチャレンジし覚えてみることが一番大切だといえるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する