1. TOEICを継続して勉強していくために覚えておきたいポイント

TOEICを継続して勉強していくために覚えておきたいポイント

 皆様の中には、会社からTOEIC受験を義務付けられている人や自身のスキルアプのためにと意気込んで勉強を始める人などがいると思います。

しかし、ほとんどの場合は三日坊主になってしまい、結局勉強せずに試験本番を迎えてしまいます。その反省を活かして次は頑張ろうと意気込んでも、また三日坊主になってしまうという負の連鎖に陥る場合も多くみられます。ここでは、その負の連鎖を断ち切り、TOEICの勉強を継続的に行う方法ついて説明していきます。

常に100%の力で勉強しない

 TOEICに限らずダイエットなどでもそうですが、最初だけ熱が入っているのは良いものの結局三日坊主だったり、続いても1週間で投げ出してしまった経験はないでしょうか。

 このような人に共通するのが「常に100%の力で取り組む」という姿勢です。常に全力で取り組もうとすることはもちろん良いことですが、長期的に取り組まなければいけない場合は、なかなか長続きさせることは出来ません。その状態で取り組もうとすると、徐々に息切れしていき早い段階で飽きてしまうのです。

 このような状態の対策として、常に100%ではなく、常に70%で勉強していくことをお勧めします。その日に決めたノルマを達成したら、その日はもうそこで止めておき次回へ回す、ということをするとことで継続的な学習が出来るようになります。

 早く終了したら、その後は自由な時間としてリフレッシュするようにしましょう。無理のないペースで勉強を行っているので、自分のペースで勉強することができます。ただし、今日これだけやると言ったら必ず守るようにはしましょう。それさえ守れば、継続的な勉強が出来ます。

自分の性格を知る

 勉強をしていく上で重要となってくるのが、自分の性格を把握することです。熱しやすく冷めやすいタイプ、継続はできるが集中できずにすぐに勉強を止めてしまうタイプなど、十人十色の性格があります。今後継続していくためには、上記で挙げたことを念頭に置いて、改善してくことをお勧めいたします。

 熱しやすく冷めやすいのであれば、集中できる時間のみ勉強を行い後の時間は単語帳を見て単語を覚えるようにします。また継続的にできるものの集中力が保てないのなら、もしかしたら勉強方法に改善が必要なのかもしれません。そのようにして短所を見つけて行き、改善を施すようにしていきましょう。

 もし、自身で性格を判断できないのであれば周りの人間に助言を仰ぐのも1つの方法です。友人や同期、もしくは家族でも構いません。あなたの身近にいる方々を利用して自分の性格を把握してみましょう。そうすれば、勉強方法が分かり、継続してできるはずです。

 最後に、TOEICは継続して勉強していかなければ良い得点を得ることは非常に難しいとされています。そのため、少しずつでも良いので勉強時間を毎日確保しつつ、勉強を継続していくことをお勧めします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する