1. 営業活動が厳しいと感じる人が苦手意識を克服するためにやるべきこと

営業活動が厳しいと感じる人が苦手意識を克服するためにやるべきこと

 営業活動に関して、なかなか難しく仕事をするのが厳しいと思っている人はたくさんいると思います。

 ここでは営業活動が厳しいと苦手意識を持っている人へ、実践的なノウハウを提供します。下記に示す3つのポイントをしっかり押さえることができれば、これまで厳しいと感じていた営業活動にも抵抗は感じなくなるかもしれません。ぜひ実践してみてください。

お客様が買う理由を徹底的に分析する

 どんな商品にも、お客様がその商品を買う理由は必ず存在します。モノを売るときには自分が売りたい商品の良いところを分析して、お客様にどういう形でプレゼンするのかということをじっくり検討するのです。

 自分がお客様にお勧めする商品がお客様にとってどんな良いことがあるのかを、お客様に合わせて話をすることができれば営業はお客様とのコミュニケーションに変わり抵抗感はなくなってきます。

最初のフレーズで強烈な第一印象を演出する

 いくら良い商品でも聞く気になっていないお客様にたらたら説明していては飽きられてしまいます。まず最初の第一声でお客様の聞きたい気持ちを一気に引き出すのです。

 「他では扱っていない〇〇をお持ちしました。」など最初の一言を工夫することにより、その後のプレゼンをしっかりお客様に聞いていただけるように工夫するのです。言い換えれば、最初の一言がそのあとに続くセリフよりもずっと重要なのです。営業活動が厳しいと思っている女性社員の方も、このつかみを変えるだけで見違えるようにお客様に聞いてもらえるようになります。

ひたすらセールストークを練習する

 営業社員の中には、営業トークの練習をせずにいきなりお客様のところへ訪問する人もいます。これはスポーツの世界に例えると、練習もせずにいきなり試合に臨むようなもので、プロの世界ではありえないことなのですが、多くの営業社員は練習もせずにお客様のところへ訪問しているのが現状です。

 しかし裏を返せば、練習不足の営業マンがこれだけたくさんいる中で、きちんと練習さえすればそれだけで差別化することが可能なのです。自分が売りたい商品を決めたら営業トークを紙に書き、ひたすら練習するのです。

 以上の3点をしっかり実践することができれば、営業活動が厳しいと思っている人は抵抗がある程度軽減されてきます。これらは誰にでも簡単に身に着けることができるだけでなく、実行すれば徐々に成果を実感することが出来ます。ぜひ取り組んでみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する