1. 二度と忘れない!面接で伝えるべき内容の覚え方と答え方

二度と忘れない!面接で伝えるべき内容の覚え方と答え方

 面接で聞かれる質問。ある程度、面接を経験した人や事前に会社の情報を調べていく人であれば聞かれやすい質問などが見えてくるでしょう。しかし、事前準備の足りなさから、答えが浮かばない状態に陥ってしまったり、緊張から思うように言葉に出せない人もいると思います。そういった人は、面接で答える内容を覚えておき、面接の途中で頭が真っ白になってしまう事態は避けるようにすべきです。ここでは、面接での質問に答える内容の覚え方のポイントを紹介します。また、覚えた内容を答える時に気をつけたいことも、あわせて押さえておきましょう。

文章でなく言葉で暗記する

 まとめた内容を覚えるときに気をつけたいのが「文章でなく言葉で暗記する」ということ。丸暗記で覚えてしまうと、1つつまずいてしまっただけで後が真っ白になってしまったり、ロボットのような事務的な「暗記言葉」になってしまいがちです。

 ポイントを押さえて、時にはアドリブを聞かせた自分なりの話し言葉こそ、自分自身が感じている思いを伝えるには効果的です。一字一句の文章でなく、最も大切なキーワードを忘れずに暗記しましょう。面接で伝えたいことを、ピンポイントに押さえることで手間も軽減できるだけでなく、良い印象を与える効果もあるのでオススメです。

ゆっくりと感情を込めて答える

 覚えた内容を答える時に気をつけたいことは「話すスピード」です。用意した答える内容の種類、覚え方のポイントを押さえたキーワード。意識した話を口頭で行うとき、人は早い口調ではなしてしまいがちです。特に、面接での緊張もあり話すスピードは早まってしまう人が多いでしょう。早い口調は、聞き取りにくさに加えて、他の面接でも使いまわしているかのような「事務的」な印象を与えてしまうため、話すスピードは「ゆっくり」ということを覚えておきましょう。

 以上、面接での質問に答える内容の覚え方のポイントを紹介してきました。面接で良い結果を出すために大切なのは「心の余裕」です。面接の途中で慌てることがないよう、ここで紹介したことを意識して面接に臨むと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する