1. 忙しい社会人が効率よく英語を習得するためのコツ

忙しい社会人が効率よく英語を習得するためのコツ

 業務で必要にせまられて英語を習得しようとしている方や、TOEICなどの資格を取得としようとしている方、いずれは海外留学を目指して英語を学ぼうとしている方がいるかもしれませんが、働きながら何かを学ぶというのはとても難しいことです。

 平日はほとんど会社に拘束されるわけですから、学生時代のようにたっぷりとは勉強に時間はかけられません。ですので、今回は忙しい社会人が平日に短時間で効率良く英語を習得するコツと、休日に英語に学ぶコツをご紹介します。

平日は短く気楽に効率良く

 ただでさえ仕事で忙しい社会人が何かを勉強するためには、まず、勉強が重荷にならないようにする為の工夫が必要です。分厚い文法書や問題集を買って、張り切って勉強を始めても時間が無かったり、仕事で疲れてしまって途中放棄してしまう可能性が高いです。「これなら楽しく続けられそう」と思える勉強法を見つけましょう。

隙間時間に短い基本的な例文を暗記する

 基本的な例文をひとつ覚えてしまえば、単語•熟語の意味、構文などを覚えられるので単語を暗記するよりも効率が良いのです。例文用の暗記カードを自作しても良いですし、例文の暗記本も売っているのでそれを利用しても良いでしょう。問題集を延々と解くよりは、一文一文覚えたという達成感をすぐに味わうことが出来ます。英語の意味を覚えられたら、日本語から英語に訳せるようになるまで暗記しましょう。

ツイッターを活用する

 ツイッターは世界中の人々が利用しているものです。英語圏の人々や、英語を学んでいる日本人をフォローして、どんどん英語でコミュニケーションをとってみましょう。話題はなんでも構いません。とにかく、活きた英語に触れる回数と書く量を増やすのです。夜寝る前に英語のツイートを読むだけでも勉強になります。

休日はリラックスしつつ時間をかけて

平日に暗記した例文の総復習

 人間の記憶は、繰り返し暗記することで強くなっていきます。平日に暗記した例文をテスト形式で見直しましょう。もし覚えられていない文があったら、次週に持ち越しです。基本的な例文を習得しておけば、後でいくらでも応用がききます。

英語で映画を見る

 せっかく平日より長めに時間がとれるので、英語の世界に浸ってみましょう。英語であれば、ハリウッド映画でもアニメ映画でも構いません。ただ、学習目的で見るので工夫が必要です。

 まず一回目は英語音声、日本語字幕で映画の内容を覚えるように見て下さい。次回同じものを見る時は英語音声に英語字幕で見て、今度は何という台詞を言ってるか聞き取れるように集中して見て下さい。ある程度聞き取れるようになってきたら、今度は英語音声、字幕無しでチャレンジしてください。リスニング力を鍛え、映画の台詞は会話時に手助けにもなります。
  
 平日と休日で勉強の仕方を分けて、効率良く英語を習得していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する