1. ビジネスマンが英語を習得することで得られるメリット

ビジネスマンが英語を習得することで得られるメリット

 最近、ビジネスの現場でも英語が必要とされる場面が多々あります。例えば取引先に外資の会社がある、もしくは吸収合併の為必然的に英語が必要になるなどといった場合など、英語を利用する理由は人によって様々です。

 中には、英語は今の職場において必要ではないから英語を勉強することは考えていないという人もいます。確かに短期的には不要かもしれませんが、キャリアを積んでいく上でこれからは英語能力は必須となっていきます。今回は、ビジネスマンが英語を習得することで得られるメリットについて紹介していきます。

取引先を増やせる

 営業職人は取引先だけでなく、売り上げを上げるために取引先を増やそうと考えていなければいけません。確かに日本国内でもまだまだ顧客となりうる層がいるかもしれませんが、日本のように狭い所では早い段階で限界が来てしまいます。

 事業拡大に伴う英語の活用によって、今まで敬遠していた外資のお客様や外国の方々が経営している企業の方々とお付き合いできる可能性が増えてきます。特に世界的にシェアを伸ばしている企業だった場合、日本国内の企業と比べて段違いの取引額で応じてもらえる場合もあります。

 ビジネスの英語は、そこまで流暢なものでなくても大丈夫です。例えば、書店で1,500円ほどで販売されている中学校から学ぶ英語の参考書程度でも問題ありません。あとは、単語を組み合わせたりゆっくりと話せば相手には伝わります。最初は大変だと思いますが、ビジネスの上で必要になっていきますのでぜひやってみてください。

英語に抵抗がなくなる

 もちろんビジネスに直接的に関わりのあるメリットも考えられますが、一番のメリットは、英語に対する苦手意識や仕事で英語を使うことに対する恐怖心が軽減されることです。

 例えば「資料を読む・メールの返事を書く・会議に参加する・出張する」といった日本語でなら簡単にできる仕事が、英語だというだけで心的負担も重くなり準備に何倍も時間がかかってしまい、もの凄く緊張したりすることも考えられます。しかし、英語を自分のものにすることによってこうした苦痛から開放され、英語でも仕事が出来ると思えるようになるということはとても大きな意味があります。そしてそれが自信になり、毎日を楽しく過ごせるようになるのです。

 メリットを把握した上で必要と感じたならば今すぐ英語を習得して、ビジネスマンとしてより良い生活を送れるようになりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する