1. 面接で強い印象を残すために面接官に熱意を伝えるアピール方法

面接で強い印象を残すために面接官に熱意を伝えるアピール方法

 熱意という言葉はとても漠然としています。そのため、熱意の伝え方を取り違えると上辺だけの薄っぺらいものになってしまいます。

 面接において、重要な要素として挙げられるのが熱意です。1つの企業に多くの優秀な人が応募してきた場合、熱意が相手に伝わるか否かで最終的に明暗が分かれます。ここでは面接でどのように熱意をアピールすれば良いのか、その方法をいくつか説明していきたいと思います。

具体的にどうしたいのかを伝える

 面接で熱意を訴えるには、入社の意志が強いことだけではなく、この企業に入ってから何をしていきたいのかという部分まで具体的に伝える必要があります。自分の今までの経験を踏まえた上で、どうしてそれをやりたいのか、具体的にどういうことができるとイメージしているのかを伝えられると、より自分の熱意がどういった形で会社に貢献できるのかを主張できますし、なにより多くの応募者の中で、この人はこれをやりたい人だったなという印象を残すことが出きます。

 そのためには単なる企業の情報のインプットだけではなく、自分がやりたいことと企業の事業内容とを照らし合わせて考える必要があります。自分が主張しようとしていることが、その企業で役に立つことを確認した上で、その企業で成し遂げたいと思う事は何なのかをハッキリと伝える事が大切です。

感情の主張はメリハリをつけて

 声の大小の問題ではなく、自分の発する言葉にどれだけ強い力が込められているのかということが重要です。とくに、自分の感情の根拠を理論的に説明することは困難ですから、「こういうことがしたいと思っています!」と希望を主張する際は、メリハリを付けて話しましょう。相手に熱意を伝え印象付けるためには、話し方に緩急をつけて力強く話す部分とそうでない部分を使い分けることはとても有効であると言えます。

 とはいえ、熱意を相手に対してまっすぐに伝えるというのはとても難しい事です。どれだけその言葉が本気で想いが込められているのかということが、熱意が伝わり印象を残すことが出来るかどうかの生命線になりますから、つくり話や誇張は厳禁です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する