1. ジャック・ウェルチから学ぶ!経営戦略のスペシャリストが残した名言まとめ

ジャック・ウェルチから学ぶ!経営戦略のスペシャリストが残した名言まとめ

 経営戦略について困ったことがあった場合に、ジャックウェルチの格言を参考にしてみてはいかがでしょうか。経営において有名なジャックウェルチの放った名言について紹介していきます。

ジャック・ウェルチの名言

 ジャック・ウェルチといえば、1935年アメリカに生まれた実業家です。1981年から2001年にかけてゼネラル・エレクトリック社で最高研究責任者を務め、「伝説の経営者」とも呼ばれるほどになりました。彼は数々の名言を残しています。そんなジャック・ウェルチの格言を紹介していきます。

・「世界でNo.1、 悪くてもNo.2になれない事業からは、すべて撤退する。」

 この言葉には、一流の事業を目指すような彼の信念が感じ取れます。

・「自分でない何者かになろうとしていたら、 私は自分を見失っていただろう。」

 これは、ビジネス以外にも使えそうな格言です。誰もが誰かを羨ましがらず、一生懸命生きていこう彼の姿勢が読み取れます。

・「ビジネスは簡単だ。それをむずかしく考えようとする人は、 何をやってもモノにならない。」

 この言葉からは、「単純さにこそ答えがある」という彼の経営戦略における考えが伺えます。

・「事業全体をよく見渡し、どこを手直しし、どこを強化し、どこを捨てる必要があるか、できるだけ早く決断せよ!」

 この言葉からは、彼の経営戦略が非常に具体的に浮かび上がっています。

・「花を育てるには、 肥料と水を両手に持って、 常に両方をかけなくてはいけない。うまく育てば美しい花壇になる。 育たなければ抜くしかない。経営もそれと同じだ。」

 この言葉は、抽象的に経営戦略を表現しています。必要なものは単純なものでいい、しかしそれを丁寧に使いこなすことこそが経営のポイントです。そして、経営が上手くいくのもいかないのも、その単純なことができたかできなかったかによる違いによるもの、ということが彼の言葉になります。

ジャックウェルチ以外の経営者の名言

 これまでジャックウェルチをメインで紹介してきましたが、他にも経営に役立つ名言を残している経営者がいます。

・「経営にも、万一の場合に備えて、設備や資金などのダムをつくり、ゆとりをもった経営をすすめていくことが肝要である。そうすれば、いかなる経営環境のもとでも安定的な経営をすすめていくことができるだろう。」

 この言葉は、現パナソニックを一代で築き上げた松下幸之助の言葉です。さらに、ジャック・ウェルチでさえも信頼しているピーター・ドラッカーの名言を紹介します。

・「これからは、誰もが自らをマネジメントしなければならない。自らを最も貢献できる場所に置き、成長していかなければならない。」

 この言葉からは、一人一人が成長していくことが、経営戦略の成功につながるということが述べられています。

 
 以上ジャックウェルチをはじめとした名言を紹介しました。ジャックウェルチは、多くの経営者が彼の手法を取り入れるほど影響力のある人物になっています。経営戦略で何か悩むことがあれば、ジャックウェルチの手法を取り入れてみることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する