1. 【営業マン必見!】ずっと印象に残る会議の資料の作成方法

【営業マン必見!】ずっと印象に残る会議の資料の作成方法

 営業職が開く営業会議は、主に営業活動の情報を共有する場です。会議において、その時の課題、経過、結果も違ってくるため、それに際して会議資料も必要になってきます。営業会議は、売上を伸ばすため、現状報告、様々な営業においての情報を共有するため、打開策を考えるため、次の目標を決めるなど内容は様々ですが、営業マンが会議資料を作成するにあたりポイントとなることをいくつか紹介していきます。

見た瞬間に理解できるものにする

 営業という職種は常に忙しい状況で、顧客に営業することで成り立つ仕事なため、極力会議も時間短縮で円滑に話し合いをすることが重要です。そのため、会議に使用する資料もシンプルに要点をまとめた見やすいものが最適だと考えられます。営業会議の目的は、売上を伸ばすこと、現状報告などがメインです。実りのある円滑な会議にするためには、資料を読むのに手間をかけずに行うことが最も重要です。そういう面から考慮すると、会議資料用のフォーマットを使用して作成することもお勧めです。

 例えば、営業職では目標、営業成績など数値で表さなければならないものもあります。表、グラフを使用して、目標数値と実際の営業成績を比較して表示することも重要です。細々とわかりにくい作成の仕方ではなく、誰が見てもわかりやすい表、グラフにしましょう。レイアウト、配色バランスも考慮することも必要です。他、ホワイトボードを使用する、スライドを作成するなどで見やすさを重視して作成することも重要です。

アジェンダと議事録を作成する

 会議を行う時間をなるべく省きたいと考えている営業職の人は多いでしょう。そのため会議を更に効率的にするために、アジェンダ(会議予定表)と議事録(会議備忘録)を作成することをお勧めします。アジェンダ使用により、会議には時間配分ができ、円滑に話を進めることが可能になり、議事録使用により、会議内容の聞きもれ防止にもなり、決定事項などが口約束になることを防ぎます。近年のビジネスシーンにおいては重要な会議資料です。


 営業職が会議をするときの資料作成の方法として重要な事項を説明してきましたが、営業職は営業に日々精進しているため、会議に費やす時間も惜しいと感じている営業マンも多いのではないでしょうか。以上の3項目の内容は、会議においての時間短縮を考慮しての資料作成方法です。ただ、会議も他の営業マンと情報を共有しあったり、売上向上に伴う打開策を練る大事な場です。営業職というものにあった良い資料を作成し、円滑に進む良い会議を行いましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する