1. 起業家達が経験する苦労とそれを乗り越えるためのポイント

起業家達が経験する苦労とそれを乗り越えるためのポイント

 起業とは一般的に、最初の1年目が最も大変な時期だといいます。その1年の中でも、特に開業後半年以内が一番大変だと答える人が多数を占めます。

 起業家と呼ばれる人たちは、この大変な時期を乗り越えていかなければいけません。ここでは、起業家達は何に苦労し何に悩んできたのかという問題と、それを乗り越えた方法について具体的に紹介していきます。

起業家達が苦労したこと

 起業家達の苦労でまず初めに挙げられるのが「関連資金の調達」です。起業するにあたり、どうしても資金の調達は必要になります。会社を維持するためには会社の賃貸料や人件費、広告宣伝費など様々な費用が必要になってくるからです。

 さらに「質の高い人材を確保する」と言うことも苦労する点として挙げられます。人材は優秀に越したことはありませんが、起業したての会社であるならば、そのような人を探すのは骨が折れるものです。元々そのような人達とのコネクションがあれば良いですが、そう上手くいかず人材確保に苦労したという方が多いのです。

 他にも販売先の確保や経営知識の習得、立地場所の選定や仕入れ先の確保、量的な労働力の確保なども必要とされるので、手に入れるのに苦労するケースが多く見られます。

困難を乗り越える為に必要なこと

 先述したような事柄を実際に乗り越えていくには、以下の2つのことが必要になります。一つ目は、その障害がなんであるのか知ると言うこと。もう一つは、その障害を排除するためにはどのように準備すればよいのかという準備を整えるということです。

 まずは今自分が苦しんでいることの原因をしっかりと分析し、その結果を踏まえた上で対策の為の準備をすることが大切です。準備段階ではなるべく具体的な行動まで落としこんでいくと、いざというときにすぐ行動に移す事ができます。

 この二つを押さえることで「最初の一年の壁」という、起業家が誰しも経験してきた壁に対して立ち向かうことが出来ます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する