1. 流行りを誰よりも先取り!シリコンバレーの最新トレンド

流行りを誰よりも先取り!シリコンバレーの最新トレンド

 シリコンバレーとは、アメリカ合衆国、カリフォルニア州北部に位置するサンタクララバレーやその周辺の名称のことです。このシリコンバレーはIT起業の一大拠点として有名で、有数の半導体企業が生まれたことからこの名でと呼ばれるようになりました。シリコンバレーにおけるトレンドについて紹介していこうと思います。

新たなITトレンド「共有経済」

 共有経済は、「シェアリング・エコノミー」とも呼ばれ、シリコンバレーを中心に最近注目されているキーワードです。シェアリング・エコノミーとは、分けられないとされてきた私有財産やサービスをウェブの力によって共有し、効率的な消費を促すための概念です。そこでまずは、2014年に注目したいシェアリングエコノミーサービスを紹介します。

1. AirBnB

 まず1つ目が、「Airbnb」というサービスです。このサービスは、短期的なステイやパーティーを開催するゲストに対し、ホストが利用されていないスペースを貸し出すウェブサービスのことです。無駄になっていたスペースを貸し出すことにより、限られた空間を最大限利用した共有経済型サービスとして、有力なサイトでもあります。

2. Lyft

 2つ目が「Lyft」というサービスです。「Lyft」はその通り、ライドシェアサービスのことです。ガス代やレンタカー、排気ガスの削減にもつながるサービスで、これからの時代に適したエコなサービスと言うことができるでしょう。

3.TaskRabbit

 3つ目のサービスが「TaskRabbit」です。「TaskRabbit」では、買い物や日曜大工など、面倒な用事を住民にお願いすることのできるサービスのことです。

「共有経済」以外のトレンド

 また、ネットサービス以外でもトレンドはあります。例えば、電気自動車がそれにあたります。電気自動車は今後のエコな志向に合わせ、次第に増えて行くだろうということが予測されています。

 他にも、インターネットを活用した教育方針が、授業で採用されることもトレンドとされます。インターネットを使い、授業を行うことによって学費を節約できるだけではなく、交通費なども抑えることが可能になります。自分の好きな時間に勉強をすることができるようになるため、時間を有効活用するということも可能になることでしょう。

 シリコンバレーのトレンドはこれだけに尽きず、医薬品開発に化合物をランダムに実験する時代は終わり、全て数字に基づいた開発が主流になったりと、バイオ・インフォマティクスの面でも期待が見られます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する