1. 短期間で英語をマスターするために有効活用したい学習方法

短期間で英語をマスターするために有効活用したい学習方法

 東京オリンピックが2020年に開催されることが決まり、国内においても今後のビジネスシーンではより一層英語の需要が高まっていくと予測されます。既に英語は、ビジネスマンなら身につけておかなければいけないコミュニケーションツールになろうとしています。

 英語をできるだけ短期間で学習し、自分のものにできたらと思う人も多いはずでしょう。最適な学習法を実践し短期間で英語をマスターできるよう、今から英語学習をスタートしてみませんか?今回は、その為の学習方法をご紹介します。

短時間の積み重ねが英語習得の短期間化につながる

 短期間で英語を学習しマスターするには、まず一日の時間の使い方を見直すところから始めてみましょう。通勤時間、休憩時間、仕事の移動時間、帰宅してからの自由な時間など、実は様々な「すきま時間」が存在しています。

 英語を本気で身につけたいと思っているのであれば、そのすきま時間を英語学習の時間に充てましょう。英単語を覚える、英語でラジオを聞く、簡単な洋書を読むなど何でもいいので、英語に触れる時間を作ることが大切です。

iTunes、Podcastは英語教材の宝庫

 英語を学習するために考えるのが教材の購入ですが、無料で利用できる優秀な教材もたくさんあります。例えばiTunesです。

 その中にあるPodcastでは無料で配信されている英語学習プログラムが数多くあり、定期的に配信されダウンロードする形式で利用可能です。ABCニュースやBBCなどの主要な英語圏のニュースも決まった時間に配信され、時間も5分や10分ほどですので集中してリスニングの時間に充てることが出来ます。また、iTunesにはインターネットラジオのプログラムもあるので、お気に入りの英語プログラムを聞くことで、短期間で英語のリスニング力アップが見込めます。

話の実践にはカフェレッスンを

 英会話教室に通わなくても、英語を話す「先生」を自分で探しカフェで英会話をするという学習方法もオススメです。英会話力をアップするには、英語を話す人と会話をすることが上達のカギです。マンツーマンのカフェレッスンなら、平均して一時間2000円から3000円でレッスンが受けられます。

 業者を通さず先生を探すサイトで、英語を使い自分で連絡を取る所も英語学習の一つになります。また最近では、決まった曜日に英会話できるようになっているオープンカフェも多くあります。カフェの利用料金を払えうだけで、外国の人と会話を楽しめるというようなスタイルで自由度が高い点も人気です。

 インプットだけではなく、きちんとアウトプットをすることも重要なので、会話や発音練習というのはとても重要になります。良いバランスで、英語学習を進めていって下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する