1. メラビアンの法則から学ぶ!?転職の面接で好印象を持たれるために気をつけたいこと

メラビアンの法則から学ぶ!?転職の面接で好印象を持たれるために気をつけたいこと

 転職の面接に臨むのであれば、誰しもが、面接官にいい印象を持って欲しいと思うのではないでしょうか。面接で好印象を持たれるために気をつけることはある法則から学ぶことができます。ここでは、その法則とそこから学ぶことができる好印象を持たれるために気をつけたいことを紹介していきます。

面接で押さえたいメラビアンの法則

 メラビアンの法則という法則を知っていますか?メラビアンの法則は、人の受ける印象の5割は外見や視覚情報に含まれているという法則だと言われています。実際は、そのような解釈ではないのですが、信じている人も多く、今や、第一印象は見た目が大切だと思っている方も多く存在すると思われます。

いい印象を残すためには

 メラビアンの法則もそうですが、やはりいい印象を残すためには、まず、身だしなみに清潔感を持たせることから始めてみましょう。マナーとして身だしなみは基本ですし、ビジネスマンとしては当然のことですので、身だしなみができていないと、当然評価や印象はかなり悪くなってしまうでしょう。まず、スーツの着こなし方や、髪型、ネクタイや腕時計がきちんとマナーに沿っているのかをチェックすることが好印象への第一歩に繋がるでしょう。



 ここでは、メラビアンの法則を取り上げつつ面接で好印象を持たれるために気を付けたいことを紹介しました。身だしなみやマナーからまずは取り組んでみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する