1. 英語の学習に適している音楽紹介と音楽がもたらす効果

英語の学習に適している音楽紹介と音楽がもたらす効果


 英語学習をするなら「楽しく英語学習がしたい!」と誰もが思うでしょう。楽しみながら英語が身に付いたら最高ですよね。そんな方法あるのでしょうか?実は、洋楽というのも英語学習にとても最適なのです。ここでは、洋楽を聞きながら英語が身に付くその方法と秘密をご紹介していきたいと思います。

洋楽を聞きながら英語が身に付く!?

 洋楽をどのように学習教材とすれば、英語は身についていくのでしょうか?その方法は以下の通りです。

・お気に入りの洋楽をみつける
・その洋楽が歌詞を見ずに歌えるようになるまで聞き込み、歌いこむ

 これだけでよいのです。この方法があなたにもたらす学習効果は以下の通り。

・ネイティブ英語のリズム、発音が身に付く 
・英文の成り立ちが自然と身に付く 
・曲とともに覚えるため覚えやすく、忘れにくい

 ネイティブ英語を聞きながら同じリズム・発音で覚えるため、ネイティブ英語のリズム・発音がそのまま身に付きます。さらに、歌いながら英文の組み合わせ・成り立ちが自然と身についていくのです。そして、メロディーとともに英語が自然と染み込んでくるため、覚えやすく忘れにくいという利点があります。

洋楽を選ぶ際のポイント

 自分の好きな洋楽で学習するのが一番楽しく身に付きやすいため、洋楽・曲のジャンルは好きな曲を選ぶのがよいのですが、ポイントとしては、

・自分が聞き取りやすい発音・テンポの曲を選ぶ 
・イギリスのアーティストはイギリス英語・アメリカのアーティストはアメリカ英語など、国によって英語にも違いがあるため、自分が習得したい英語圏のアーティストを選ぶ

 ということに気を付けて選曲してみましょう。

英語の学習に適している音楽紹介

 洋楽にあまり詳しくないからどの曲を選択したら良いかわからない、という人は以下を参考にしてみてください。日本でも有名で耳にしたことがある曲や、発音が聞き取りやすくトライしやすい曲などを中心に選曲してあります。

英語学習におすすめの楽曲

・The way you are(Billy Joel)
 ラブソングとして日本でもファンが多いこの曲は、きっと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?スローテンポのため聞き取りやすく、覚えやすいです。

・ Start of something new
 映画ハイスクール・ミュージカルで歌われているこの曲は、発音も聞き取りやすくテンポもちょうど良いのでおすすめです。

・Viva La Vida (Cold Play)
 日本のCMなどにも使われている曲で、よく耳にする機会がある曲かと思います。テンポも良く運転中や移動中などに聞いても良いですね。かっこいい曲などで「歌えるようになりたい!」とモチベーションもアップします。

・Welcome To My Life (Simple Plan)
 アップテンポな曲です。テンポはスローではないのですが発音がかなりききとりやすいためおすすめです。

・All I Want For Christmas(マライアキャリー)
 クリスマスになると日本でも町中で流れている曲ですね。メロディーがすでに耳慣れしているので、歌詞も習得しやすいと思います。

・LastChristmas(ワム)
 こちらもクリスマスになると街中で流れていますね。スローテンポのため初心者向も入りやすい曲です。

英語学習におすすめのアーティスト

 アヴリルラヴィーン、テイラースウィフト、Simple Planなどは発音が日本人に聞き取りやすく、おすすめです。

まとめ

 All I Want For Christmas、Last Christmasなどのクリスマスソングは男女様々なアーティストがカバーしているため、好きなアーティストのカバーなどをYouTubeなどで探してみるのも楽しいでしょう。例えば、Last Christmasは最近ではマイリー・サイラスやテイラー・スウィフトがカバーして歌っており、YouTubeでも聞くことができます。

 洋楽を使った学習は、耳と発音を同時に鍛えてくれるため、英語が身に付きやすいのです。好きなアーティストの曲を聞き、歌いながら英語が身についてしまう「洋楽学習法」、ぜひ試してみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する