1. 営業後にクライアントに送るフォローメールの効果と送り方

営業後にクライアントに送るフォローメールの効果と送り方

by PhoTones_TAKUMA
 営業の成果を大きく左右する営業後のフォローメール。フォローメールは、せっかく掴んだ営業のチャンスをおざなりにせず次のステップに進めることに役立ちます。営業後、クライアントに送る営業後のフォローメールの意味と役割、そこから与える効果などを例文も用いて紹介していきます。

営業後のフォローメールの意味と役割

 営業後にフォローメールを送る意味は大きく2つあります。訪問時に説明した内容、大筋の方向性を簡単にまとめて相手に再認識させることで、今後の意思決定の論点を明確にすること、もう1つは、相手にその件を放置させず、次のステップに進めることです。

 ですから、フォローメールでは、訪問時の提案の中で、相手が最も気に入っていた部分を中心に、認識の共有を行い、今後どのように進めるかを示すことが重要です。

営業後のフォローメールが与える効果

 フォローメールはクライアントが時間がある時に読むメールだからこそ、与えられる効果もあります。考えるのに充分な時間があるため「クライアント自身が確かに納得した」という意識を強く与えてくれます。

 裏を返せば、分かりにくかったり、的はずれな文章だったりすると冷静に必要ないという判断をクライアントがするきっかけにもなります。クライアントが営業活動や契約において、不安を解消し継続的な付き合いをしたいと思わせるメールがいいフォローメールです。

訪問後に送るフォローメールの例文

------------------------------------------------------------------------
件名:訪問と商品提案のお礼
○○○株式会社営業部
◯◯◯◯様

いつもお世話になっております。
株式会社□□□、営業部の□□□□です。

この度は、タンデム系サーバーサービスをご検討して頂きまして
誠にありがとうございます。
今回、一番気に書けられていた、コストの問題ですが、一度持ち帰り再度検討させていただきます。
検討が終わり次第、再度連絡を差し上げますので、よろしくお願いします。

なお、ご不明の点などございましたら、 いつでも担当の□□までお申しつけください。
 メールにて恐縮ですが、とり急ぎお礼まで。
(以下署名)
------------------------------------------------------------------------



 ここでは営業後のフォローメールの効果と実例を紹介しました。フォローメールは目的を押さえることで、その効果を一段と発揮します。押さえるべきポイントを理解し、営業後のフォローメールにも活用していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する