1. 転職の面接で行われる質問で頻出する内容

転職の面接で行われる質問で頻出する内容

by Takashi(aes256)
 転職活動をしていると面接を受ける回数も多くなります。ただでさえ緊張している場面で、予想外の質問をされると答えに戸惑ってしまうという人もいるでしょう。あらかじめ面接で聞かれやすい質問を事前に考えておくことで、上手く受け答えをすることができます。ここでは面接でよく聞かれる質問内容について具体的にお話していきましょう。

面接で質問されやすい内容

アイデンティティを問うような質問

 面接で聞かれやすい質問としては、あなたはどういう人であるのかを問うような問題があります。例えば定番で言うと「自己紹介をお願いします」というものです。また、「強みや長所を教えてください」「短所を教えてください」などがこの部類に挙げられます。アイデンティティや価値観が問われる質問は、面接の質問でも核となることです。これにより、どれほど自己分析ができる人であるのか、客観的に物事を見極めることができる人物なのかなどを面接官は判断します。

スキルや技術を問う質問

 次に聞かれやすい内容は、自分がやりたい事やできることです。例えば「この仕事における重要な資質とはなんですか?」「経験やスキルをどのように活かしていけますか?」「当社でやりたい事や挑戦したい事はなんですか?」「今のあなたの課題や身に付けたいスキルは何ですか?」などです。

転職活動ならではの質問内容

転職する理由を問う質問

 転職の場合に良く聞かれる質問が「転職理由はなんですか?」というものです。ここでは、ネガティブな理由で転職したわけではないということで、新しい会社に対する積極的な意思表示が必要です。

転職回数や求職に関する質問

 転職回数が多いような場合には「転職回数が多いようですが、その理由はなんですか?」「そこで得られたことは何ですか?」などの質問もされるでしょう。また、ブランクがある場合には「ブランクがありますが、その理由を教えてください」「休職している間は何をしていましたか?」などの質問があります。

相手にアピールすることができる質問

 なお、「入社可能時期はいつですか?」という質問や、「内定を出したら御入社いただけますでしょうか?」という質問をされた場合には、相手が非常に関心を持っていることが考えられます。そのような場合にも、積極性を見せ、どんどん自分をアピールしていくことが大切です。


 ここでは、転職活動中に面接でよく聞かれる質問内容を列挙しました。内容をしっかりと考えているだけでも、対策としては十分なのではないでしょうか。ここで紹介した質問を忘れないようにして、正しい受け答えが出来るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する