1. 【「ポイント暗記」で覚える】面接で答える内容の効率の良い覚え方

【「ポイント暗記」で覚える】面接で答える内容の効率の良い覚え方

by Dick Thomas Johnson
 面接での受け答えをしっかり行いたいのであれば、ある程度内容を暗記し、覚えておくことが大切です。そこで、面接の時に暗記しておけば役に立つポイントについて紹介していきたいと思います。

面接で暗記しておきたいこと

 面接の本番ではどうしても緊張してしまいます。そのため、質問されるであろうことを予め知っておき、心の準備をしておくことで緊張してもうまく質問に答えることができるでしょう。

 緊張して中身が全て飛んでしまうような自体を防げるのはポイント暗記です。キーワードの暗記とも言いかえることができます。例えば、自分の長所や短所に関するキーワードを考えて覚えておくようにしましょう。長所であれば「素直」、「真面目」、「ムードメーカー」、短所であれば「行動が遅い」、「そそっかしい」、「不器用」などの自分に適したキーワードを暗記しておきます。本番では、そのキーワードを用いて、臨機応変に文章を組み立てることで、自己PRが上手く行くでしょう。

 例えば、先ほどのキーワードを組み合わせた場合ですと、「私の性格の優れた点として、素直に誰にでも接することができ、仕事を円滑に進めることができることが挙げられます。また、真面目であるため、物事に何でも一生懸命取り組み、努力を惜しみません」というようにすらすらと表現することができるようになるのではないでしょうか。

丸暗記は効果がない場合もあり

 転職活動をしている人の中には、質問される内容を事前に考えておいて、丸暗記した内容を本番でもそのまま受け答えをするという方も多くいると思います。しかし、本番において回答の丸暗記をするということはなるべくやめた方がよいでしょう。丸暗記したものを面接官の前で話したところで、思い出す方に意識が集中してしまいがちなため、本来の気持ちが相手に伝わることが少ないからです。

 特に、不安だから丸暗記するという方が多いようにも思われますが、その不安を相手に悟られてしまうという結果に終わることが多いです。これでは、暗記した内容が優れていたとしても台無しになってしまうでしょう。

 
 ここでは、面接の内容を暗記する際に気を付けたいことについて紹介しました。自分の言いたい事や伝えたい事のイメージを頭の中に入れておくということが大切になります。面接で暗記する際は是非、ポイント暗記をして臨むようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する