1. 【あなたは大丈夫?】面接が苦手な人が事前にしておくべき対策

【あなたは大丈夫?】面接が苦手な人が事前にしておくべき対策


 「自分の伝えたいことが上手く伝えられない…」という理由から面接に対して苦手意識を持っている人は多いでしょう。しかし、面接は就職活動において避けて通れない道です。苦手な意識を持ったままでは本来の力を発揮できないでしょう。面接に対して苦手意識を持っている人は、入念に準備をしておく必要があります。ここでは、面接をする前にしておくべき準備を紹介していきます。

自己紹介を徹底的に磨き上げる

 面接に対して苦手意識を持っている人は、「どんな質問されるのだろう?」「何を話せば良いのか?」など様々な考えが頭の中を巡ってしまいがちです。そのため、自分が伝えるべきことを丸暗記して面接に臨む人がいますが、それでは良い評価を得られません。全てのことに対して完璧に受け答えようとするのではなく、まずは自己紹介を徹底的に磨き上げましょう。

 面接官が知りたいのは、「あなたがどういう人間か?」ということだけです。そのため、面接官が聞いてきた質問に対して的確に答えることよりも、自分自身のことを自分の言葉できちんと話せる人の方が評価は高くなります。面接が苦手な人ほど、まずは自己紹介を徹底的に磨き上げましょう。

話す内容のポイントを抽出する

 また、面接で頭が真っ白になってしまわないためにも、自分がアピールしたいポイントは抽出してまとめておくと良いでしょう。全ての内容を覚えようとすると、時間もかかってしまいますし、暗記したことが面接官に伝わってしまいます。

 ですので、ポイントだけ抽出して自分の言葉で話せるように練習しておきましょう。友人でお互いに言い合えば、効果的な対策となるのではないでしょうか。 

 面接で自分が持っている力を発揮するためには、事前の準備が欠かせません。ぜひ、ここで紹介したことを面接の対策に役立ててみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する