1. 転職の面接でする話を薄い内容にしないためのコツ

転職の面接でする話を薄い内容にしないためのコツ

by kubotake
 沢山の人間を評価する面接官は、あなたのことを他の人とどれだけ違うのか見極めようとします。そして、見極めるためには、濃い内容の自己PRが欠かせません。ここでは、薄い内容にしない方が良い理由と自己PRが薄い内容にならないためのコツを具体的にを紹介していこうと思います。

薄い内容にしない方がいい理由

 ただ漠然と質問に答えるだけでは、相手にその情熱や前向きな姿勢が伝わらないということがまず理由として挙げられます。相手は質問の答えそのものを気にしているわけではなく、あくまで人間性を見ようとしています。そのため、薄い答えに留めてしまうと、相手も評価のしようがありません。きっちりと自分のことを評価してもらうためにも、答え以外の部分を大切に、相手に自分の思いを伝えることが大切になります。

面接で薄い内容にしないためのコツ

 受け答えが薄くなってしまう原因として考えられることは、キーワードが不足しているからです。自己PRではいくつかのキーワードを記憶することで、すらすらとした受け答えが可能になります。しかし、そのキーワードが不足していると、受け答え自体もシンプルなものになってしまうであろうと考えられます。キーワードを事前に複数自分の中に持ち合わせることで、内容が濃いものになっていきます。

聞かれたことにプラスアルファして答える

 また、受け答えの際、ただ聞かれたことのみを答えていませんか?例えば、「資格やスキルはお持ちですか?」と聞かれた際に、「〇〇検定1級です。」と質問の答えのみを答える人がいますが、これは間違いです。「なぜその資格を取得したのか、どのように仕事上で活かしていけるのか」などを同時に回答するとより話が濃くなります。具体的な理由やエピソードを付けることにより、話が薄いものから濃いものに変わっていきます。その質問の答えのみを答えるのではなく、「それによってどうしたいのか」、「どうなっていきたいのか」を付け加えることで話が濃いものへと変容していくことでしょう。


 ここでは、面接の会話を薄い内容にしないためのコツを中心にして紹介しました。話を濃くすることで、相手も評価してくれる要素が増え、面接もうまくいくでしょう。是非、面接を控えている人は参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する