1. 面接に苦手意識を持っている人が知っておくべき受け答えを上手にするためのポイント

面接に苦手意識を持っている人が知っておくべき受け答えを上手にするためのポイント


 「自分の伝えたかったことが上手く相手に伝えられない…」という思いから、面接に対して苦手意識を抱いている人も少なくないでしょう。面接は人と人とのコミュニケーションですので、受け答えがしっかり出来なければ低い評価になってしまうだけです。自分の力を出し切れず、面接が終わってしまっては悔やんでも悔やみきれないと思います。ここでは、面接でしっかり受け答えをするためのポイントを紹介したいと思います。

「話す」ではなく「聞く」ことを心がける

 面接での受け答えに対して苦手意識を持っている人は、まず「話す」ことを一生懸命頑張るのではなく、面接官が自分に対して話していることをきちんと「聞く」ことを心がけると良いでしょう。

 受け答えが苦手な人は、上手に話すことに意識を向けてしまうあまり質問に対して的外れな回答をしてしまいがちです。面接官は、上手に話すことを求めているのではなく、話を理解して、適切な内容の返答が出来るかどうかを見ているので、まずは落ち着いて話を「聞く」ことを意識しておきましょう。

自分の言葉で話すようにする

 面接に対して苦手意識を持っている人の多くは、面接本に書いてあるポイントを頭の中に詰め込んで面接に臨んでしまいがちです。そのため、予想外な質問をされた際に動揺してしまい、咄嗟に思いついたことを話してしまうため、低評価に繋がってしまいます。

 面接本に書かれているような内容を話すのではなく、話の流れが多少おかしかったとしても、自分が思っていることをきちんと自分の言葉で話すことが重要なのです。そのためにも、面接の数週間前から一定の練習はしておくべきでしょう。

 面接では、良い評価を得たいという気持ちが先走ってしまい、小手先のテクニックに頼ってしまいがちですが、大切なのは自分が思っていることを素直に話すことです。受け答えが苦手でも、自分の思っていることを素直に話すことを心がければ良い評価を得られるようになるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する