1. 面接に苦手意識を持っている人が実践すべき「緊張」を克服する方法

面接に苦手意識を持っている人が実践すべき「緊張」を克服する方法


 面接に慣れていないうちは、誰もが緊張してしまうと思います。また普段、人と接するのが苦手という人は、なおさら面接官との会話に苦手意識を抱え、緊張してしまうことでしょう。普段すらすら受け答えができる人であったとしても、緊張が原因で自分本来の力を発揮できずに終わってしまうこともあります。ここでは、面接が苦手な人へむけて、緊張を克服する方法を紹介します。

「失敗しても大丈夫」と考える

 面接の前で自分が緊張していると感じたら、自分に向かって「完璧にしようとしなくてもいい」と言い聞かせましょう。過度の緊張は、「絶対に成功しなければならない」という意識が強く働いてしまうため起こってしまうのです。それが、自分を追い詰めていき、悪い結果に繋がってしまいます。

 過度な緊張をしてしまった場合は、「失敗しても大丈夫」と考え、少し心に余裕を持って面接に臨みましょう。 常リラックスした気分で面接に臨むためにも、評価や結果を先に考えたり想像することはやめるべきです。

緊張していることを無理に隠さない

 採用担当者は、面接で過度に緊張している人に対して良い印象は持ちません。緊張で頭が真っ白になってしまった際は、無理に隠すのではなく、素直に「すみません。あがり症なもので」と緊張していることを告白してしまうのが良いでしょう。

 「あがり症」と面接官に開示することで、本人の気持ちも楽なものになり、気持ちに少しだけゆとりが持てるようになります。緊張している場合には素直に告白することで、好印象を与えることができるでしょう。

周りの人の話を聞く事も大切

 集団面接の場合は、「話の量にこだわらないこと」が大切です。集団面接では、自分以外の人達のアピールを聞く事で、自分との差を感じることもあると思いますが、企業の人たちは積極的なアピールばかりを見ているわけではありません。

 もちろん面接において積極的にアピールすることは大切ですが、逆に自分の話ばかりをして、周りの話を聞かない人の方が低い評価の場合だってあるのです。何か言わなければと気張らなくとも、相手の話をしっかりと聞くことができていれば、面接官もそれなりの評価をしてくれるでしょう。


 以上、面接での緊張を克服する方法を紹介してきました。どうしても緊張してしまうという人は、ここで紹介したことを意識して面接に臨むと良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する