1. 起業をするにあたって最低限知っておくべき知識

起業をするにあたって最低限知っておくべき知識


 ネット環境の普及などの影響もあり、「起業したい」と考える人は多くなってきたような気がする。しかし、起業に関してあまり知識がないため、一歩踏み出せないままの人は多くいるでしょう。ここでは、起業をするにあたって最低限身につけておくべき知識を紹介しておきます。

事業の形態

 起業をするにあたって事業の形態は大きく分けて「個人事業」「会社組織」の2つです。それぞれ、どのような特徴があるのでしょうか。

個人事業

・会社組織に比べると、信用度は低い
・事業が失敗した際の責任は個人
・設立までに時間をかけずに済む

会社組織

・個人事業よりも信用度は高い
・設立までに、それなりの時間がかかる

 個人事業と会社組織には、このような違いがあります。自分は、どちらで起業すべきかを吟味した上で、起業するようにしましょう。

必要な書類

 起業するにあたって、様々な手続きを行わなければなりません。手続きの際に必要な書類は、どういったものでしょうか。

個人事業

・税務署に提出する書類
 - 個人事業の開業届出書
 - 棚卸資産の評価方法の届出書、減価償却資産の償却方法の届出書
 - 青色申告承認申請書に関する届出書
 - 給与支払事務所等の開設届出書
 - 源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

会社組織

・税務署に提出する書類
 - 給与支払事務所等の開設届出書
 - 法人設立届出書
 - 減価償却資産の償却方法の届出書、棚卸資産の評価方法の届出書
 - 青色申告の承認申請書

・年金事務所に提出する書類
 - 健康保険・厚生年金保険新規適用届
 - 新規適用事業所現況書
 - 健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届


 以上、起業をするにあたって最低限身につけておくべき知識を紹介してきました。起業をする際は、最低限ここで紹介した知識は身につけておくと、スムーズに起業できるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する