1. 面接で好印象を与えるために知っておきたい笑顔を見せるタイミング

面接で好印象を与えるために知っておきたい笑顔を見せるタイミング


 面接で良い印象を与えるために話し方や相づちなどのテクニックを磨く人は多くいます。良い印象を与えるためには、そういった要素も大切になりますが、面接は人と人とのコミュニケーションである以上、最も大切なのは「笑顔」で面接に臨むことです。しかし、終始笑顔でいるのも辛いでしょう。ここでは、面接で笑顔を見せるタイミングを紹介していきたいと思います。

面接の始めと最後

 面接で笑顔を見せるタイミングとして最も重要なのが最初と最後です。それぞれについて説明していきたいと思います。

面接の最初

 まず面接の最初に関してですが入室から自己紹介まで笑顔でいれば、面接官は「面接を楽しみにしている」「前向きな姿勢で面接を受けに来ている」と感じるため好印象を与えることができます。しかし、面接開始直後は緊張している人も多いため、しっかり意識しておかないと暗い表情のまま面接を進めていくことになってしまうので注意が必要です。

面接の最後

 面接の最後というのは、疲れきってしまった表情の人も多いため、しっかり笑顔を見せることができれば面接官の印象にも残りやすくなります。「終わりよければ全て良し」という言葉があるように、良い印象で面接を終えられるように最後は笑顔でいることを忘れないようにしましょう。

自信を持っていることを話す時

 常に笑顔で面接を終えることは、理想の形ですが、それはほとんど不可能に近いでしょう。ですので、常に笑顔でいることを心がけるのではなく、要所で笑顔を挟むくらいの感覚で良いと思います。

 例えば、自信を持っている事や強い意志を持っていることを話す時に笑顔で喋ると「今の回答には相当自信を持っている。」という考えを抱かせることができるのでオススメです。本当に伝えたいからこそ、確固たる考えを持っているからこそ余裕を持って笑顔で対応ができると面接官に好印象だけではなくインパクトを与える事ができるのです。


 面接で良い印象を与えるためには話し方などのテクニックも大切ですが、そういったテクニックに頼り過ぎると、いざという時にボロが出てしまいます。まずは面接の基本である「笑顔」を忘れずに面接に臨めば、自ずと良い結果がついてくるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する